当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ブログでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。

マーケット出来事貴金属とレアメタル宝石と宝飾品貴金属の取引方法貴金属取扱会社

2018年07月10日

ミサイルや砲弾を製造していた軍需工場が大爆発を起こし、多くの死傷者が発生


 中国との国境地帯にある慈江道(チャガンド)の江界(カンゲ)市で1991年、ミサイルや砲弾を製造していた軍需工場が大爆発を起こし、多くの死傷者が発生した。
 
 北部山間地域にある慈江道には、軍需工場が密集しているため、他の地域の人が立ち入ることも、道民が他の地域に出ることも厳しく制限されている秘密の地域だ。
 
 当時、北朝鮮にいた人の間では有名な話だが、情報が流れることはなく海外ではあまり知られていない。
 
 
 米国の北朝鮮専門ニュースサイト
   NKニュース
は最近、事故発生当時に江界在住だった脱北者の証言を引用し、事故の顛末を詳しく報じた。
 スカッドなどの弾道ミサイルをはじめ、年間約2億発をはるかに超える弾薬を製造している工場では1000人以上が働いていた。
 
 この工場は、父から子、子から孫に引き継がれ秘密主義が徹底している閉塞的な環境が作られ、巨大な「エンジニア王国」の様相を呈していたという。
 
 その工場が一夜に爆発で地上から消えたということらしく事故がいかに深刻なものであったかがわかる。


 この工場には1980年代には、在日本朝鮮人総連合会の
   韓徳銖(ハン・ドクス)議長
が視察訪問したが、見学できたのはごく一部で、製造部門の見学は許されなかったという。
 
 資金を提供していた軍事工場が、厳重な保安体制になっていたが、一部の視察でお茶を濁されたためか、この措置に腹を立てて、金日成氏に「自分は信用に足る人間だ、見学を許可して欲しい」と直訴したという。
 
 これに対して金日成氏は「工場の規則は非常に厳しい、従わなくてはならない」と説明し、この工場の重要性を説いたといった話が伝えられた。
 
 この26号軍需工場の爆発事故は歴史に残るものだが事故の原因など詳細は不明だ。
 
    
            
      ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ
 
    

   
   
posted by まねきねこ at 10:00| 愛知 ☀| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英国のジョンソン外相が辞任


 英国のメイ首相が率いる英政権が陥った危機は深まり、首相交代を求める動きが台頭する可能性が高くなる。

 ジョンソン外相は欧州連合(EU)離脱が問われた2016年の国民投票で、離脱支持を呼び掛けた代表格だ。
 
 同氏の辞任は、有権者の意思が裏切られつつあるとの
   強いメッセージ
となり得るという。
 
 8日遅くには、離脱後もEUと緊密な関係を保つ首相の方針に抗議してデービスEU離脱担当相が辞任している。
  
 なお、これまでのところ、EU離脱支持派の保守党議員らは首相交代を主張していないが、ジョンソン外相の辞任で考えが変わる可能性はある。
 
 EU離脱支持派の議員らは9日中に会合を開き、今後の戦略を議論することが明らかになっている。
 
    
            
      ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ
 
    

   
   
posted by まねきねこ at 05:59| 愛知 ☀| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

出たとこ勝負は相手の手の内で成果なし。


 
 米国のポンペオ国務長官による今回の訪朝に同行したブルームバーグ通信の
   ニコラス・ウォードハム記者
は8日(現地時間)に公開した訪朝取材記で、ポンペオ長官は金曜(6日)午前10時54分に平壌に到着したとき
   金英哲(キム・ヨンチョル)朝鮮労働党副委員長
との昼食以外にスケジュールを把握していなかったと明かした。
 
 さらに、会談に臨んで、北朝鮮のどこに泊まるのかも分からない状況だったという。
 
 ポンペオ長官は「平壌市内のどこかのホテル」と予想していたが、北朝鮮は「われわれを平壌郊外のゲストハウス(百花園迎賓館)」に案内したとのこと。
 
 これが30時間足らずの混乱に満ちた訪朝の始まりだったと記録している。
  
 また、ポンペオ長官は自分のスケジュールを数時間前になってようやく知ることができた。参謀たちが尽力したが
   金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長
との会談は結局実現しなかったと明かした。

 北朝鮮が自国を豊かな国のように見せようと腐心していたようで、初日に宿泊先で行われた夕食会にはフォアグラと七面鳥の料理、スイカ、アイスクリーム、アメリカのコーラなど豪華なコース料理が並んだという。
 
 2日目の朝までポンペオ長官のおなかは膨らんだままだった。
 2日目の朝、ポンペオ長官は整った朝食ではなく、トーストとチーズ数切れだけ食べたことを明かした。
 また、宿泊先では各部屋とも果物かごにバナナ、ブドウ、オレンジがいっぱい入っていた。
 
 一行が部屋を空けるとすぐに職員らが果物を補充してくれたという。
 
 ウォードハム記者は、インターネットの回線も非常に速く、薄型テレビでは一日中BBC放送が流れていたことを明かした。 
 
  
 ただ、ほとんどの住民が飢えに苦しみ、電力が不足しインターネットのアクセスや外国の放送が制限されている北朝鮮の現実とは、まるで対照的だったようだ。
 
 なお、記者団が宿泊施設で散策する際には北朝鮮の国民との接触がないか、北朝鮮の監視員が木の陰に隠れて見ていたという
   
            
      ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ
 
    

   
   
posted by まねきねこ at 04:52| 愛知 ☀| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

 

[Most Recent Quotes from www.kitco.com]