当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ブログでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。

マーケット出来事貴金属とレアメタル宝石と宝飾品貴金属の取引方法貴金属取扱会社

2018年07月06日

モラー特別検察官のチームを解散させる動きに対応か


 2016年に行われた米国の
   大統領選挙へのロシア介入疑惑
を巡る捜査が拡大を続ける中で
   モラー特別検察官
は連邦検察や司法省本部、連邦捜査局(FBI)にいっそうの協力を要請した。
 
 最終的に捜査の一部を移管する地ならしかもしれないと、米国の現役・元当局者数人が述べた。
 
 これらの関係者によると、17人の連邦検事からなるモラー氏のチームは予想を上回る仕事量を抱え、内容もここ数カ月で複雑さを増しているという。
 
 ただ、情報漏れを懸念してか今のところチームの人員を増やす方向にはないと見られる。
  
 特別検察官のチームが最近公表した費用報告では、この疑惑捜査でチーム自体よりも
   司法省の常設部門
が費やした額の方が多かった。
 
 2017年5月の捜査開始から今年3月までで、前者が770万ドル(約8億5200万円)だったのに対し後者は900万ドルに上ったという。
 こうした事情に詳しい関係者がメディアに明らかにした情報によると、ニューヨークやバージニア州アレクサンドリア、ピッツバーグなどの捜査員が特別検察官チームの作業をすでに補っているという。
 
 特別検察官はすでに重要な捜査案件の一つであるトランプ氏の元個人弁護士マイケル・コーエン氏に対する捜査をニューヨーク州南地区連邦検察に移管した。
   
   
            
      ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ
 
    

    
    
  
   
posted by まねきねこ at 14:00| 愛知 ☔| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

原油価格の上昇はトランプ氏の発言や政策が発端だろう。



 石油輸出国機構(OPEC)の
   カゼンプール・アルデビリ理事(イラン)
は、トランプ氏のツイートが「米国に協力的なOPECの国々を直撃している。実際、そのような国々の信用を汚し、主権を傷つけている。礼儀をわきまえていただきたい」と主張した。
  

   

   
  
 イラン革命防衛隊幹部は4日、同国の原油輸出を阻止しようとする試みがあれば
   ホルムズ海峡
を閉鎖すると警告した。
 
 同海峡を通過する大型タンカーは、全世界で海上輸送される原油やその他液体燃料の約3割を運んでいる。
 
 5日の市場で原油価格は1バレル=78ドル前後で取引された。
 
 
ひとこと
 
 そもそも、原油価格を上昇させたのはトランプ氏の率いる政権がイランの核問題での合意を破棄すると主張したことから始まったものだ。
 
 無責任な発言が送り返されて原油価格の引き上げを目論む国際資本のシナリオ通りの動きでもある。
 原油の上昇で米国内のシェールガス・オイルの開発業者の懐も膨らむ効果がある。


 
   
    


    
    
posted by まねきねこ at 06:46| 愛知 ☔| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

独裁国家の悲哀


   
 中国メディアの快資訊は3日、中国では日本に対する理解が往々にして偏っており、日本は実際のところで、どんな国なのかについて紹介する記事を掲載、正しい理解を持つべきだと勧めた。


 まず、最近の訪日中国人の増加や日本での爆買いについて、単純に言えば表面上は中国人による
   「消費行動」
だが、実際は
   「日本を認め、称賛している証」
と紹介し、中国政府が画策してきた反日教育の矛盾を認識させることになっている。 

 つまり、中国政府の情報は嘘が多いという事実を体験させることになっている。

   

 記事では訪日する多くの中国人が日本や日本製品を高く評価することになっており、日本はそれでも得意になることなく、称賛を原動力に観光業と製品の質のさらなる向上を目指しているところがすごいと感心して見せた。


 記事で日本の教育は利益追求ではなく、政治に意見もできる場所で、ある学校の試験には、靖国神社参拝問題に関して意見を述べよという質問があったという。

 共産主義国家である中国で、学生が政治問題について個人の意見を述べるなど不可能であり、「反共産党」的な内容で真実を言えば禍となって加速にも降りかかりかねない。

 また、政治家の資産が公表されること、沖縄独立を主張する知事候補がいること、数年前に小泉純一郎氏の自宅に不法侵入があったことにも言及した。

 中国の共産党の幹部の資産が国家機密であり、これを明らかにする者は国家反逆罪として処罰される。
 日本では牢屋に入る心配をせずに政治に意見できるし、政治家も特別扱いされていないと公安当局に中国国民が監視される社会との比較を明らかにした。


 このほかにも、便座まで常に温かくすること、どこでも障がい者用の設備があること、小さな飲食店にも子ども用の椅子があること、政府の職員がエレベーターやクーラーを使わずに節約すること、トイレの消臭剤だけで何百もの種類があること、80歳のおばあさんまで化粧をすること、子どもが一人で外出できることなど、多くの例を挙げて「日本とはこんな国」だと紹介した。


 例を挙げれば挙げるほど、共産党独裁の不自由な中国とは大きく異なっていると指摘する内容であった。

 特に政治に関係する分野では、一党独裁国と民主国の違いは大きく、また生活の細かな分野でもはっきりとした違いがあると指摘した。
   
   
            
      ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ
 
    

     
  

    
  
   
posted by まねきねこ at 00:00| 愛知 ☔| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

 

[Most Recent Quotes from www.kitco.com]