当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ブログでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。

マーケット出来事貴金属とレアメタル宝石と宝飾品貴金属の取引方法貴金属取扱会社

2018年06月13日

愚者の類は交渉で負けたことも認めず...


 
 米大統領
   ドナルド・トランプ氏
は米朝首脳会談後の12日夕の会見で、記者団の質問に対し、成果を意識してか自由奔放な「トランプ節」を放った。

 会見の冒頭では「メディアのみなさんと今日、ともにいるのは名誉なことだ。実にたくさんのメディアだ。まったく居心地が悪い」と述べた。

 記者から北朝鮮の朝鮮労働党委員長
   金正恩氏
をなぜ「才能がある」と評価するのか問われところ、「才能がある」からだと述べたうえ、権力継承時は26歳で、タフに国家を運営してきた人物はほとんどいないと続けた。また、1万人に1人だろうと指摘した。

 ただ、権力を手に入れるまでの権力闘争では大規模な粛清が繰り返されており、これをタフと表現したようだ。


 また、在韓米軍を削減する可能性を問われたが「まったく削減しない。ある面ではそう望むが、今すぐではない。我々は戦争ゲームをやめて、膨大な量の金を節約できるだろう」と主張した。

 米国の産業で力を持つのが軍産複合体制であり、そうした産業界の支援を受けているトランプ氏の環境の変化はなく、イエメンとサウジの間の紛争など、武器商人として米国政府が他国の戦闘や紛争で大きな利益を上げていることには変わりはない。


 金正恩氏が人権問題にどう対応するか問われたところ、「私は彼が対策を取りたがっていると思う。あなたがたは驚くだろう。実に頭が良く、素晴らしい交渉者で、正しいことをしようと求めている。彼は過去、我々としたような対話をしたことがない」と言ってきたと北朝鮮寄りの姿勢を鮮明化した。
  


ひとこと

 G7での疎外感を払拭し、中間選挙に向けた実績作りでしかなく、北朝鮮が核を放棄するロードマップはないに等しいままだ。
 トランプ氏に日本人拉致問題を解決する意図など当初から持っておらず、単なるリップサービスに踊った日本の政治家の質の悪さが目立っただけだ。

 直接交渉で経済支援を約束させる目論見が背景にあり、湯水のごとく資金を投入するような流れになりかねず、危険な兆候でもある。
 背水の陣に等しい環境になりつつある安倍政権では無理をして、国力を低下させることになりかねない。

 野党は中国や韓国、ロシアの代理人と同じようなもので、発言や思考は日本の国益には貢献しない。
 まして、宗教的思考の政党は論外だ。
    
             
   
      ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ
 
posted by まねきねこ at 04:53| 愛知 ☀| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

 

[Most Recent Quotes from www.kitco.com]