当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ブログでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。

マーケット出来事貴金属とレアメタル宝石と宝飾品貴金属の取引方法貴金属取扱会社

2018年06月10日

ミニマリストをはき違える?


 
 発展途上国では成功をひけらかすため家や車、ブランド品といったモノで互いの地位を図り合うことが多い。

 日本や中国、韓国などでも、こうした成金的なメンツを重視する文化が生まれ、まだ途上のところや人の思考もある。

 ここ数年、日本で中国人観光客による爆買いが見られたのも無関係ではない。

 ただ、そんな生活にも峠を越えてきた人も増えだし爆買いも終息する気配が見られるなか、最近では日本でブームとなった「ミニマリスト」が中国でも注目されているとのこと。


 中国のポータルサイト・百度は4日、日本に行ってみれば
   「マーク・ザッカーバーグが毎日同じ服を着ている理由がわかる」
と題する記事を掲載した。

 Facebook創業者のマーク・ザッカーバーグ氏は、アップル創業者の故スティーブ・ジョブズ氏と並ぶミニマリストとしても有名。


 記事で中国人の購買意欲に言及し、中国人観光客は国外旅行での消費額は非常に多く、2017年には日本で
   1兆4000億円
も消費したという統計もあると伝えた。

 日本のビジネスにとって無粋な中国人は「上客」となっているものの、日本人自身は近年必要ないものは所有しない「ミニマリスト」が増えていることを紹介した。


 ミニマリストとなって必要ない物を処分するには
   私服の制服化
が一番役に立つと伝えた。

 マーク・ザッカーバーグ氏やスティーブ・ジョブズ氏のように
   成功者でお金持ち
だが服のコーディネートを
   ワンパターン化
することにしている人がいると紹介した。

 服や食事にかける時間を仕事などに充てるという考え方が基本にある。
 ただ、服の枚数を減らすとはいっても、質の良いものを厳選するのが特徴にある。

 ミニマリストを実践すると、時間と心のゆとりができ、他人の目を気にしなくなり、健康や人間関係が良くなるなど、良いこと尽くしであると伝えた。

 最後に、「消費と豪華さは成金が求めるもの」だと指摘し、暗に高級品をひけらかす中国富裕層の生活スタイルに疑問を投げかけた。



ひところ

 ミニマリストを演じるのと、基本姿勢がミニマリストとは異なるもの。
 ベースがないままミニマリストになれば不都合が部分が多くなり歪が生じやすいかも。

         
  
      ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ
 
    

    

   
   
    
posted by まねきねこ at 09:28| 愛知 ☁| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トランプ氏がロシアのG7への復帰を呼び掛け


 
 米大統領
   ドナルド・トランプ氏
は8日、主要7か国(G7)の枠組みにロシアを復帰させるべきだとの考えを示した。
 
 これに対し、フランス大統領エマニュエル・マクロン氏、独首相アンゲラ・メルケル氏、英首相テリーザ・メイ氏、伊新首相ジュゼッペ・コンテ氏はG7首脳会議を前に行った会談で、ロシアに対して一致した姿勢を取ることで合意した。
 
 フランス大統領府は同日、欧州のG7参加国はトランプ氏の呼び掛けに反対することで一致していると表明した。
 
  
 ロシアは同年、ウクライナのクリミア(Crimea)半島を併合したことをめぐり、G8から除外された。

 トランプ大統領は、カナダ・ケベック(Quebec)州ラマルベー(La Malbaie)でのG7首脳会議(サミット)に出発する際、大統領専用機に乗り込む前に「彼ら(G7)はロシアを追い出した。ロシアを復帰させる必要がある。ロシアを交渉の席につかせる必要があるからだ」と発言した。
 
 G7を2014年以前の主要8か国(G8)の枠組みに戻すことを呼び掛けた。

 ただ、マクロン氏の側近は記者らに対し、首脳らはロシアと「対話を確立する可能性」は残したと述べた。
 初のG7首脳会議出席となるコンテ氏は合意に先立ち、トランプ氏によるロシア復帰の呼び掛けを支持する考えを示していた。

    
     
posted by まねきねこ at 02:00| 愛知 ☔| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米朝首脳会談を巡るロシアの思惑


 駐日ロシア大使のミハイル・ガルージン氏と
   田中均元外務審議官
が7日、BS日テレの「深層NEWS」に出演し、米朝首脳会談を巡るロシアの思惑をテーマに議論した。
 
 ガルージン氏は
   朝鮮半島の非核化
はロシアの国益にかなうものだと指摘したうえ、非核化は一朝一夕にはできないものであり
   段階的アプローチ
が現実的だと主張した。
 
 
 田中氏は朝鮮半島における非核化は慎重にやるべきだが
   「だらだらやるべきではない」
と経済支援策との引き換えにした開発余力を与え、北朝鮮が核開発を再開できる余力を与え席を途中で蹴ってしまうことがないよう
   核施設を申告して査察を認めること
は即時にできるはずだと指摘した。
posted by まねきねこ at 01:00| 愛知 ☀| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

朝鮮半島の非核化を巡るプロセスの中で変わる可能性


  
 韓国青瓦台(大統領府)の
   金宜謙(キム・ウィギョム)報道官
は8日の記者会見で、米大統領
   ドナルド・トランプ氏
が北朝鮮の国務委員長(朝鮮労働党委員長)
   金正恩(キム・ジョンウン)氏
との首脳会談で
   朝鮮半島の戦争終結合意
の署名に前向きな考えを示したことについて、「トランプ大統領が会談を控え、いろいろなことを構想しているようだ」と述べたうえ、
   「構想は進められる(朝鮮半島の非核化を巡る)プロセスの中で変わる可能性がいくらでもある」
と続けた。
 
 また、トランプ大統領は米朝会談が
   順調に進まなければ席を立つ
との発言に言及した上で「あらゆる状況について答弁することは難しい」と発言を差し引かえて慎重な姿勢を示した。
   
  
 トランプ大統領は7日、安倍晋三首相との会談後に行った会見で、朝鮮戦争の終結合意について、「署名できるかもしれない」と述べていた。
  
 終戦宣言が合意かの質問に対しては金報道官は「正確な意味は確認できていない」と答えるに留めた。
   
   
     
posted by まねきねこ at 00:00| 愛知 ☔| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「複数の核弾頭」を搭載して米国本土が攻撃可能


 中国共産党機関紙人民日報の国際版「環球時報」は7日、中国が
   弾道ミサイル「東風−41(DF−41)」
の10回目の発射実験を行ったと見られると報じた。

 軍事専門家から完成は間近との指摘がある。

 DF−41は固体燃料式で「複数の核弾頭」を搭載して米国本土が攻撃可能とされている。
   

   

  
 DF−41は山西省太原で西に向け発射され「数千キロメートル以上」を飛行してゴビ砂漠に設けられた目標に落下した。
 同日は中国北西部に「臨時の飛行禁止空域」が設けられたが、昨年(2017年)にDF−41の発射実験が行われた際と同じ状況。


 中国の軍事専門家
   宋忠平氏
は、DF−41の発射実験の情報について「信用できる」とメディアの取材で説明した。

 同ミサイルの発射実験としては10回目のものであり、配備に向け最終段階になったとの見方を示した。

 中国軍が5月の実験結果を評価して問題がないと判断すれば正式に採用され、量産化と関連部隊への配備が加速する可能性がある。


   


 中国本土で発射して米本土を攻撃できる能力があるとされるDF−41は固体燃料式で射程距離が1万2000−1万5000キロメートル。

 また、ミサイル1基に10個の弾頭を搭載でき、相手国の
   迎撃に対抗する「貫通能力」
も増強されていると推定されている。

   
 DF−41の実用化により、中国の
   米国に対する核先制能力
が大幅に強化される可能性がある。

 固体燃料式ミサイルは燃料(推進剤)を搭載した状態で保管する。
   
 発射の直前に燃料注入が必要な液体燃料式ミサイルと異なり、短時間での発射が可能となる。
 諜報活動により「発射の決断」を察知されたとしても相手に反撃される可能性は大幅に低減することになる。


 また、DF−41は鉄道や道路による移動しての発射が可能。
 発射直前に攻撃されるリスクはさらに少なくなると見られている。


  
ひとこと

 中国と北朝鮮両国の首脳の会談以降、北朝鮮の金正恩が率いる政府は態度を硬化させたため一時は米朝会談が開催されない事態になりそうな状況であった。

 北朝鮮は既にチキンレースでは負けるシナリオにある。
 どちらを選択しても、遅かれ早かれ体制は崩壊するだろう。

 中国としても、北朝鮮の政治体制の行動や発言は目に余るものがあるが、体制が崩壊して隣国に自由主義国家が作られるリスクは、共産主義国家の中国は受け入れられないとの判断がある。

 中国を牽制するために、北朝鮮を自由主義国家に率いれる戦術が回り回って、中国の政治体制を弱体化させる戦略の一つにもなるだろう。

   
     
      ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ
 
    

    
    
   


   
posted by まねきねこ at 00:00| 愛知 ☀| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

 

[Most Recent Quotes from www.kitco.com]