当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ブログでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。

マーケット出来事貴金属とレアメタル宝石と宝飾品貴金属の取引方法貴金属取扱会社

2018年05月15日

テキーラ危機を思い起こさせる状況



 マッコーリー銀行の債券・外為戦略責任者
   ニザム・イドリス氏(シンガポール在勤)
はメディアの取材で米国金利の上昇が波及し、アジア通貨危機を誘発して言った1990年代中ごろの経済危機を誘発した当時ほど経済は脆弱(ぜいじゃく)ではないと指摘した。


 中南米に端を発する足元の不安は
   テキーラ危機
を思い起こさせる状況にあるが、中国経済の拡大などで今日のアジア経済は当時と比較すればかなり強くなっている。

 そのため、同氏は、「経常赤字は実際に小さく、外貨準備は以前に比べはるかに高水準で、通貨は変動相場制へ移行している。今の状況は95年当時と全て同じではない」と説明した。
    
    
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ
    
  
    

 

   
posted by まねきねこ at 12:00| 愛知 ☀| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

資金提供は両刃という理論


 
 中国国家開発銀行のチーフエコノミスト
   劉勇氏
は10日、北京で行われた銀行業定例記者会見に出席し
   「中国共産党第18回全国代表大会」
以降、国家開発銀行は「3去1降1補」(過剰生産能力・在庫・レバレッジの解消、コスト削減、弱点の補強)を支持する過程で
   80%を超える資産
を実体経済に回し、実体経済に
   合計 16兆5千億元(1元=約17円)
に上る融資を提供し、約2千億元に上る企業の融資コストを削減したことを明らかにした。


 実体経済を支えるほか、国家開発銀行は、貧困脱却やバラック地区の改造などの支持でも大きな成果を上げたという。

 劉勇氏によると、「一帯一路」(シルクロード経済ベルトと21世紀海上シルクロード)への2500億元の人民元建て特別貸付では3月末時点で、特別貸付の65%を占める1624億元の貸付が決まったという。

 特別貸付のうち1千億元はインフラ整備プロジェクト、もう1千億元は生産能力協力プロジェクトに、500億元は金融協力プロジェクトに使用される。

 特別貸付は現在、カンボジアのシェムリアップ国際空港、オマーン財務省の
   包括的クレジットライン
など一連の重大なインフラ、生産能力協力、金融協力などのプロジェクトを支えている。


ひとこと

 21世紀の植民地主義ともいわれる中国政府による海外支援策は、大英帝国が19世紀に民間企業を装い進出した王国等で借金で絡め取り、国家の権益を収奪した手法とよく似ているともいわれる。
  
 開発が上手くいけばよいが、無駄な社会インフラを整備しても、借金が返せるかどうかだ。
 開発資金を使う必要もない国家が夢を持つが...
   
    
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ
    
  
    

 

   

  
posted by まねきねこ at 08:00| 愛知 ☀| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

資金の移動で経済が変動

 
 先進国の経済活動が景気の変調で政策金利が動くことは多い。


 こうした先進国の豊富な資金の流入で経済活動を活発化させていた新興国市場では景気の変調が大きな梃となり、より強く影響を受けて広く見られる乱気流が発生する。

 1990年代半ばにおいて、米国の金利上昇がメキシコ通貨のペソを切り下げる動きを誘発させた。

 これにより資本逃避に拍車が掛かり、いわゆる
    「テキーラ危機」
を招いた。

 そして数年のうちに売りはアジア地域へ広がり、国債売りという動きから
   「アジア通貨危機」
と呼ばれることになるタイやシンガポールなどの新興国市場の経済危機の波及が引き起こされ、同域内の経済は急激に悪化し、複数の通貨が切り下げられた。


 最終段階では、ロシアにまで影響が及んでしまった。


 なお、こうしたソブリン債の暴落の波及は国際資本の一部の集団による動きであり、ロシアへの投資を行っていた欧米国際資本との思惑の対立が起き、最終的には仕掛けた米国の金融投資グループでもあるLTCMの事実上の破綻で収束している。


 このLTCMの破綻では、FRBのグリーンスパン議長がNY地区連銀などに低金利で市場に資金を投入させており、その後のサブプライムローンの拡大の道を作ったともいわれている。


 歴史は繰り返すように2018年には新興国の中南米で
   経済危機が醸成
されている。

 米ドルと米国金利が上昇する中、アルゼンチンは緊急資金の確保を目指している
   
    
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ
    
  
    

 

    
>>続きを読む
posted by まねきねこ at 07:00| 愛知 ☀| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リップサービス


 
 中国中央テレビのニュースサイトは、6月12日にシンガポールで開催されることが決まった
   米朝首脳会談
について、現地の北朝鮮大使館の関係者が
   「会談はうまくいくだろう」
との見通しを示したと報じた。

 韓国紙・中央日報の報道を引用して伝えたものだが、在シンガポール北朝鮮大使館の関係者は、米朝首脳会談がどこで開かれるのかについて「まだよく分からないと述べた上で、「シャングリラホテルを含む多くのホテルが検討の対象となっている」ことを明らかにした。

 米国との協議の進展については
   「首脳会談クラス」
はわれわれが直接関与することではないのでよく分からないと素直に認め「何かあればすぐに知らせることになるだろう。それまで待っていてほしい」と答えただけという。
  

 外貨が不足し、背に腹は変えられず
   朝鮮人参
などの特産品を販売したり外交特権を利用して金塊の密輸等をして資金を得る見苦しさがあった海外公館の職員が多いが...
   
    
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ
    
  
    

  

  
posted by まねきねこ at 05:52| 愛知 ☀| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

 

[Most Recent Quotes from www.kitco.com]