当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ブログでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。

マーケット出来事貴金属とレアメタル宝石と宝飾品貴金属の取引方法貴金属取扱会社

2018年02月11日

大統領のダブルスタンダードにはあきれる


 米大統領
   ドナルド・トランプ氏
は9日、16年大統領選へのロシア介入疑惑を巡り
   連邦捜査局(FBI)
   司法省
による捜査に偏りなどがあったと主張した
   共和党のメモ
に反論する下院民主党の文書公開を認めなかった。

 民主党のシューマー上院院内総務は9日遅くに出した声明で
   透明性
に関する大統領の
   ダブルスタンダード
にはあきれるとトランプ氏の判断を批判した。
 

 ホワイトハウスのドナルド・マクガーン法律顧問は共和党の
   ニューネス下院情報特別委員長
に宛てた書簡で、民主党の文書には
   「適切に機密として扱うべきセンシティブな部分が多く」
含まれており、トランプ大統領は公開を認めることができないと説明したという。
 
 また、司法省が同文書の一部は非常に敏感だと結論付けたと記した。
 
 
 マクガーン氏によると、こうした
   敏感な部分の公表リスク
を和らげるための変更が加えられれば、トランプ大統領は民主党側の文書を公開することを検討すると続けた。
 
 下院情報特別委の民主党筆頭理事で、文書を執筆した
   シフ議員
は、先週公表された共和党メモとはトランプ氏の扱いが異なると指摘した。
 同委はFBIと司法省が示した懸念を精査すると説明した。
  
   
    
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ
    
  
 

   

    
posted by まねきねこ at 18:53| 愛知 ☀| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

亡命兵士が銃撃を受け瀕死の重傷を負ったが、2度の大手術を受けて「奇跡的な回復」を見せているという、ニュースが北朝鮮に拡散。


 最近、中国から帰国した貿易関係者から
   越南軍人(亡命兵士)
の話が北朝鮮内に張り巡らされた米国政府の情報網の諜報員が聞かさせたという。

 朝鮮人民軍(北朝鮮軍)兵士の
   オ・チョンソン氏
は昨年11月、板門店の
   共同警備区域(JSA)
を駆け抜けて韓国に亡命した。
 
 その過程で銃撃を受け瀕死の重傷を負ったが、2度の大手術を受けて
   奇跡的な回復を
見せているという、ニュースが北朝鮮にも伝わってしまった。

 何発も撃たれたのに生き残ったという話を聞いた人々は
   豊かな韓国
では死線をさまよう人も生き返らせるほど医療技術が発展している。
  
   
 北朝鮮は地獄であり、韓国に逃げたから手術を受けて助かったが北朝鮮だったらそうはならなかったとのリアクションが広がっている。
 
 
 北朝鮮では、韓国や米国のラジオに耳を傾ける人が多く存在する。
  
 また、中国を頻繁に訪れる幹部や商人、その家族など、海外情報の供給元となるインフルエンサーが数多く存在する。
 
 公安当局が躍起になって抑えつけていた
   金正男氏暗殺
に関するニュースですら、あっという間に北朝鮮国内に広がってしまった。

 オ氏の噂は、平壌のみならず、中朝国境地帯でも広がっている模様という。 


ひとこと

 亡命事件は38度線上の板門店で起きたもの。
 北朝鮮では情報統制が厳しく保衛部によるスパイ網の摘発などもあるが、中朝国境地帯でも事件の概要やその後の医療措置による救命の情報がラジオなどや貿易商人などから国内に広がっておれば、急速に内部が分裂していく可能性が生まれるかもしれない。

 そもそも、クーデターが繰り返し起きてきたことで、その要素となる軍部等への燃料や武器弾薬類は厳格に管理され、反乱を起こしても兵站線が維持できない様に少量のみ配給しているといわれている。

 そのため、韓国との戦闘を行う場合には弾薬と燃料が必要となる。
 また、砲撃するにも砲弾を移動させるため事前に把握することも可能だろう。
  
   
    
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ
    
  
 

   

    
posted by まねきねこ at 18:18| 愛知 ☀| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

訪日中国人調査


 2017年の訪日外国人は2,800万人と5年前と比べると3倍に成長した。
  
 訪日旅行者の中でも国籍別の訪日数で見ると、やはり人口の多さや経済の発展などから訪日する中国人は730万人あまり(2017年)で1位を維持している。
 
 これまでマスコミなどで報道が繰り返されてきた
   「爆買い」ブーム
も中国が商品の輸入をある程度自由化した影響からか沈静化しているようにも見える。


 訪日インバウンドマーケティングサービス会社
   カンバイ
が訪日中国人調査を行った結果を明らかにした。

<Q.今回の同行者を選んでください。(いくつでも)>
 
 「同行者」は、「1位:夫婦・パートナー(38%)」「2位:家族・親族(30%)」「3位:友人(22%)」と続く。
 また、「4位:自分ひとり」も20%に上っていた。

 
<Q.あなたが日本に来たのは今回で何回目ですか。(ひとつだけ)>
 
「訪日回数」は、「1位:3回目(24%)」「2位:2回目(23%)」となり、「5位:1回目」は全体の12%にとどまった。
 こうした状況から訪日リピート率が高まっているようだ。

 
<Q.今回の日本訪問の主な目的を選んでください。(ひとつだけ)>
 
 「訪日目的」は「1位:観光・レジャー(87%)」が飛びぬけて高く1位。

 
<Q.今回の日本滞在中に買い物をする予定の場所を選んでください。>
 
 「買い物をする予定の場所」は、「1位:ドラッグストア(81%)」「2位:百貨店・デパート(80%)」「3位:空港の免税店(73%)」が健闘した。
 
 ただ、爆買いで目立った「4位:家電量販店(47%)」「6位:アウトレットモール(42%)」は50%以下と苦戦している。
 訪日中国人が好みそうな商業施設でもはっきりと明暗が分かれた。


<Q.今回の訪日前に期待していたことは何ですか(いくつでも)。>
 
「訪日前に期待していること(複数回答)」は、「1位:日本食を食べること(80%)」「2位:自然・景勝地観光(72%)」「3位:ショッピング(70%)」が上位となった。
 一方で「8位:日本のポップカルチャーを楽しむ(29%)」「9位:日本の酒を飲むこと(27%)」は振るわなかった。

 
<Q.この中で、最も期待していたことは何ですか(ひとつだけ)。>
 
 訪日前に「最も」期待していること」は
   1位:繁華街の街歩き(26%)
   2位:日本食を食べること(23%)
   3位:日本の歴史・伝統文化体験(18%)
となった。
 
 一方で、「5位:ショッピング」がわずか3%にとどまるという結果であった。
 
 訪日中国人にとって日本でのショッピングはもはや特別な体験では無くなっている。 
   
    
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ
    
  
 

   

    
posted by まねきねこ at 15:00| 愛知 ☔| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

軍事パレードで短時間で発射が可能な固体燃料式の新型短距離弾道ミサイルを披露


 北朝鮮が8日に実施した軍事パレードに、短時間で発射が可能な
   固体燃料式の新型短距離弾道ミサイル
が含まれていたことが明らかになった。
 
 米国ジョンズ・ホプキンズ大学の北韓分析サイト「38ノース」は8日、北朝鮮が8日の軍創建70年の記念日に行った軍事パレードで固体燃料式の新型短距離弾道ミサイルが初登場したとする分析を出しました。
 
 38ノースは、新型ミサイルの形や大きさなどから、核弾頭を搭載できる射程400キロのロシアの
   戦術ミサイル「イスカンデル」
を基盤にしたものと推定されるという。
 
 また、韓国軍の短距離ミサイル「玄武2」とも共通点があり、北朝鮮の短距離ミサイル「KN02」より飛距離がやや長いと分析した。
 
 そして、北朝鮮が米国本土を射程に収める新型大陸間弾道ミサイルを4基しか公開しなかったのは、移動式発射台の製造が遅れている可能性が高いと推定した。
 
 このほか、中距離弾道ミサイル「ムスダン」が登場しなかったのは
   開発が凍結
されたためとする分析を出した。 
   
    
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ
    
  
 

   

   
posted by まねきねこ at 07:23| 愛知 ☔| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

韓国が安倍首相の申し出に「内政の問題」と反発


 韓国大統領府の青瓦台の高官は10日、日本の
   安倍晋三首相
が9日に開かれた
   文在寅(ムン・ジェイン)大統領との会談で、北朝鮮が反発している定例の米韓合同軍事演習を平昌冬季五輪・パラリンピック後に延期したことについて「延期する段階ではない」と述べて、「予定通り実施することが重要だ」との考えを示したと伝えた。
 
 安倍首相は「五輪後が山場だ。非核化に対する北朝鮮の真摯な意思と具体的な行動が必要だ」と述べたという。

 これに対し、文大統領は
   「北の非核化」
が進展するまで軍事演習を延期しないよう求めるものと理解しているが、この問題は韓国の主権問題であり
   「内政の問題」
と反発して見せた。
 また、「総理がこの問題を直接取り上げることは困る」と強調した。
 
 
 強力な対北朝鮮制裁と圧力の維持を望む安倍首相と、平昌五輪を機に南北対話ムードを続けたい文大統領の立場の思惑の違いが鮮明になった格好。

 文大統領と米国大統領の
   ドナルド・トランプ氏
は1月4日、電話会談を行い、平昌五輪・パラリンピック期間中に合同演習を行わないことで合意していた。

 この合意を受け、韓米連合軍司令部は翌5日、3月初旬に始まる予定だった合同軍事演習「キーリゾルブ」と野外機動訓練「フォールイーグル」を平昌冬季五輪・パラリンピック後に実施する方針を発表した。 
  
   

ひとこと

 韓国が二枚舌外交を過去も繰り返し、何度も条約を無視するような行動や発言が行われた。
 信頼性がもともと薄い国家であり、韓国を訪問する時期でないのに安倍首相が訪韓したうえ、こうした為体な返答では面目も保てない。そもそも、竹島の占領の問題を棚上げにした訪問自体が意味のないものだ。

 朝鮮有事に置ける韓国軍との共同作戦などは情報が北朝鮮に漏れ出ている可能性があるため、極めて危険な作戦となることも予想される。
 当然、米軍も同様の思考で韓国軍との共同作戦では情報の共有化は限定的だろう。

 有事の集団的自益権の発動でも、米軍の指揮下に入るのでは自衛隊が消耗させられる可能性が高く、共同作戦時の指揮権が確保できるかどうかが一番の問題だろう。
 兵站線の維持程度であれば可能という理論もあるが、戦線の広がりや変化も早いため、兵站線の破壊のための攻撃が執拗に行われることも予想される。

 現場指揮官に戦闘行為へ指揮命令権を与えておく必要があるが、文民統制の名の下に承認が遅れ、自衛隊員の消耗が高くなる可能性も捨てきれない。
   
    
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ
    
  
 

   

   
posted by まねきねこ at 06:12| 愛知 ☔| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領 北朝鮮高官代表団4人と面会


 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は10日、大統領府の青瓦台で平昌冬季五輪に合わせて約8年5カ月ぶりに来韓した北 
 朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の妹
   金与正(キム・ヨジョン)党第1副部長
ら高官代表団4人と面会した。
 
 代表団は憲法上の国家元首
   金永南(キム・ヨンナム)最高人民会議常任委員長
を団長に、金与正氏、崔輝(チェ・フィ)国家体育指導委員長、李善権(リ・ソングォン)祖国平和統一委員会委員長らである。

 北朝鮮高官と文大統領の歴史的な顔合わせは和気あいあいの雰囲気の中で行われた。

 9日の平昌冬季五輪の開会式で南北選手団の合同入場を共に見守った文大統領と北朝鮮代表団は明るくあいさつを交わした。


 会場の玄関の外で
   任鍾ソク(イム・ジョンソク)大統領秘書室長
が代表団を出迎えた。
 
 玄関で待っていた文大統領が明るい表情で代表団を迎え入れた。

 文大統領は金永南氏に対し、「(きのう)夜遅くまでお疲れさまでした。寒かったのに大丈夫でしたか」とあいさつすると、金氏は「大丈夫でした」と答えた。

 金与正氏には「寒い中、夜遅くまでお疲れさまでした」と話しかけ、与正氏は「大統領のお気遣いのおかげで大丈夫でした」と応じた。

 文大統領は2人とそれぞれ記念写真を撮り、全体写真も撮影した。
 
 
 崔輝氏と李善権氏は2階の会場に先に行き、座席配置などを確認した。

 面会に韓国側からは任鍾ソク氏や鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長(閣僚級)、趙明均(チョ・ミョンギュン)統一部長官、徐薫(ソ・フン)国家情報院長が出席した。 
   
    
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ
    
  
 

   


    
posted by まねきねこ at 05:56| 愛知 ☔| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北朝鮮 黄炳瑞(ファン・ビョンソ)総政治局長が失脚


 北朝鮮の朝鮮中央通信(KCNA)は9日、朝鮮労働党委員長
   金正恩(キム・ジョンウン、Kim Jong-Un)
の最側近とされていた朝鮮人民軍の
   黄炳瑞(ファン・ビョンソ)総政治局長
が解任されたこと認める報道を行った。

 なお、前日8日に首都平壌で開催された軍事パレードの報道に際し、黄氏が以前務めていた軍総政治局長として、元人民武力部長の
   金正角(Kim Jong Gak)氏
を紹介していた。
  

 黄氏をめぐっては、今週に入り韓国情報機関の
   国家情報院(NIS)
が、黄氏は同局への「検閲」後に解任され、改めて思想教育を受けるため党の学校に送られたと発表していた。
 報道によると、黄氏が賄賂を受け取っていたという。
 

 軍総政治局は北朝鮮で最有力の軍事機関であり、将校らの人事や推定130万人の兵員を抱える軍隊の思想的な統制を担う。

ひとこと

 失脚させる理由は後から作られるものも多いだろう。 

   
    
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ
    
  
 

   


    
   
posted by まねきねこ at 00:00| 愛知 | Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

 

[Most Recent Quotes from www.kitco.com]