当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ブログでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。

マーケット出来事貴金属とレアメタル宝石と宝飾品貴金属の取引方法貴金属取扱会社

2018年02月20日

全体としてストレスは低いレベルにあり、金融システムへのリスクにはなっていない



 オーストラリア準備銀行(中央銀行)の
   ブロック総裁補(金融システム担当)
は20日、、責任ある融資に関する会合で行った講演で、
   豪家計債務
は比較的高い水準にあり、景気が悪化すれば
   金融ストレス
につながる恐れがある。
 ただ、現時点では全体としてストレスは低いレベルにあり、金融システムへのリスクにはなっていないとの認識を示した。
 
 金融システムは堅固で資本も潤沢だと述べ、慎重な貸出基準がそれを支えているとの見方を示した。
 
 その上で、われわれが入手している情報によると、金融ストレスは局所的に見られるものの、住宅ローンを抱える家計のストレス水準は全体的に依然として比較的低いようだと指摘した。

 このため、家計債務による金融安定へのリスクは依然として低い。ただ、状況を注視する必要があると述べた。

 
 中銀の統計によると、豪家計所得に対する住宅ローン債務の比率は17年末時点で平均140%前後と、12年時点の約120%から上昇している。

 
 家計債務の水準が高いほど、キャッシュフロー、つまり消費は金利上昇の影響を受けやすくなると指摘した。

「債務水準の高い家計は、失業率の上昇や住宅価格の大幅下落といったネガティブなショックによって消費を著しく控える可能性があり、景気悪化を加速させるかもしれない」との見方も示した。 


ひとこと

 家計債務の水準が高いため、消費は金利上昇の影響を受けやすい。


     
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ
    
  
 

   


    
   
posted by まねきねこ at 19:39| 愛知 ☀| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ブラッディ・ノーズ(鼻血)作戦」の存在を否定


 米大統領補佐官(国家安全保障担当)の
   マクマスター氏
は、米国議会上院議員の代表団に対し、北朝鮮に標的を定めた軍事攻撃を行ういわゆる
   「ブラッディ・ノーズ(鼻血)作戦」
の存在を否定した。

 上院議員代表団はミュンヘン安全保障会議に向けて出発する前、マクマスター補佐官から議会の別館で説明を受けたという。

   
 マクマスター補佐官から同様に説明を受けた
   ジーン・シャヒーン上院議員(民主、ニューハンプシャー州)
は、「マクマスター氏の発言は極めて明確だった」と指摘した。
  
 ジェームズ・リッシュ上院議員(共和、アイダホ州)も、ミュンヘンに集まった聴衆にそのような作戦は存在しないと語った。 


ひとこと

 今のところ実行中ではないということだけの話だろう。
 いろいろな選択肢の中から作戦を実行するのであり、当然ながら選択する場合には出てくるだろう。 


     
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ
    
  
 

   


    
posted by まねきねこ at 16:00| 愛知 ☁| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雑学クイズアプリで「中国の公式通貨は何か」との問題で回答者の大半は「円」と答えた。


 
 ミレニアル世代に人気の雑学クイズアプリ
   HQトリビア
で15日、「中国の公式通貨は何か」との問題が出た。
 
 回答者の大半は「円」と答えた。

 答えを間違えたのは約72万人と、回答者全員(85万7623人)の84%だった。
 また、実在しない「中国ドル」を選んだ人の数は、正解の「人民幣(renminbi)」と同数に近かった。
 
 同社のラス・ユスポフ最高経営責任者(CEO)によるとHQトリビアではこの引っかけ問題の考案にかなりの時間とエネルギーを費やしたと発表資料で説明した。
 
 なお、「意外な結果になるのも当社にはうれしい。回答者の3分の1が間違えるだろうと思っていたが、実際は85%が間違えた」と付け加えた。

  
 中国の公式通貨は(外国為替の世界でも)元(yuan、ユアンと発音)とよく呼ばれる。
 なお、元は通貨単位の名称にすぎない。
 
 また、発音が円に似ていることも問題の難易度を高めたとみられるという。

  
 HQトリビアの回答者はそれぞれの設問に10秒以内に回答しなければならない。 

    
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ
    
  
 

   

    
posted by まねきねこ at 16:00| 愛知 ☁| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米国に対立を生むというロシアの「途方もない夢」は実現?


 米大統領の
   ドナルド・トランプ氏
は18日、ロシアによる
   米大統領選干渉疑惑
をめぐってツイッターに相次いで投稿した。

 投稿記事では米国に対立を生むというロシアの「途方もない夢」は実現したと述べた。
 一方で、この疑惑に関してロシア政府を直接攻撃することは避けた。

 トランプ氏は一連の投稿で、バラク・オバマ前大統領がロシアの干渉を防ぐための対応を怠ったと非難した。

 米連邦捜査局(FBI)に対しては
   「あまりに多くの時間をロシアとトランプ陣営の共謀の証明」
に費やしていると批判した。

 16日には、2016年の米大統領選でトランプ陣営に有利になるよう工作を行ったとしてロシアの個人13人と企業3社が起訴された。

 しかし、トランプ氏はそれ以降、ロシアと争う姿勢を見せていない。

 H・R・マクマスター(H.R. McMaster)大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は17日、ドイツのミュンヘン安全保障会議(Munich Security Conference)で演説した。

 大統領選にロシアが干渉した証拠に「議論の余地はない」と述べた。

 しかし、トランプ氏は一連のツイートでは
   ロシアの責任
について明言を避け、政府の今後の対応についても言及していない。
 
 
 トランプ氏はマクマスター氏は、2016年の選挙結果は
   ロシアの影響を受けていない
と言うのを忘れたと述べ、共謀は民主党や民主党候補の
   ヒラリー・クリントン氏
とロシアとの間でなされたものだと主張し、米国民の非難の矛先をかわす発言を続けた。


 ロシアの目標が米国に対立や分裂、混乱を生むことだったとしたら、下院情報委員会の公聴会、捜査、政党間の憎悪を生じさせ、彼らは途方もない夢を実現したとトランプ氏は述べ、「彼らはモスクワで笑い転げている。米国よ、賢くなれ!」と続けた。


ひとこと

 大統領としての主張というよりも、単なる視聴者的な視点での発言が目立つ。
 問題の核心部分にいる大統領の発言としては、責任を転嫁するのに必死なのだろう。 

 米国民の分断を生みだしたのはトランプ氏の発言や行動などによる部分が大きい。

    
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ
    
  
 

   


    
   
posted by まねきねこ at 06:49| 愛知 ☁| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米国債券保持のリスクが拡大


 ゴールドマン・サックス・グループのアナリスト
   アレック・フィリップス氏
らが作成した2月18日付の顧客向けリポートで、経済成長期における米国の
   歴史的な借り入れ拡大
は米国債利回りの上昇とともに、米国の金利コストの急増を招くと指摘した。
 
 
 リポートで「連邦財政政策は未踏の領域に入りつつある」と指摘した。

 更に、「以前なら、経済が力強さを増し債務負担が増えれば、議会は増税と歳出削減で対応したが、今は逆のことが起きている」と続けた。
 
 米国の債務の平均満期はほぼ6年で、利回り上昇で米財務省の支払金利が国内総生産(GDP)伸び率を上回るまでには多少時間がかかる見通し。

 実際にそうなれば、GDPに対する債務の比率は現在の約77%からさらに上昇する可能性がある。

 現在の財政政策が続けば、米国の純金利費用はGDP比で1980年代や90年代初頭に見られた水準を2027年までに超えるとアナリストは試算した。

 また、債務のGDP比は恐らく100%を超え、「1940年代や90年代よりも米財政状況が悪化する」との見通しを示した。 


ひとこと

 米国債券の暴落が起きる可能性が高いということだ。 

   
     
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ
    
  
 

  


    
posted by まねきねこ at 05:37| 愛知 ☁| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「核のボタン(核のフットボール)」を所持していた米軍の特殊部隊員の入室を中国警備員が阻止


 米メディアAxiosがスクープ記事として19日、トランプ大統領と米政府訪中団が昨年11月、北京の人民大会堂を訪れたとき
   「核のボタン(核のフットボール)」
を所持していた米軍の特殊部隊員の入室を中国警備員が阻止した。

 このため、一時騒動が起きたと複数の米国当局関係者の話として報じた。

 この「核のボタン」とは、大統領が司令部を離れている時でも核攻撃の許可を出せる道具が入った、黒いブリーフケースを示す。
 
 報道によると、この黒いケースを所持した米軍特殊部隊員が大会堂の大ホールに入ると、中国の警備員が行く手を拒んだ。

 この事態に気づいた米側関係者が、同行している
   ジョン・ケリー大統領首席補佐官
に伝えると、「止まらず部屋に入ってきなさい」と急いでケリー氏は特殊員に指図したという。

 すると、中国側の警備員がケリー氏の腕を掴んだ。
 ケリー氏が手を払いのけると、続けて、別の米国の特殊機関員が中国警備員をつかみ、地面に抑えつけた。

 このたびのトランプ大統領訪中に詳しい米国当局者は、Axiosの取材に対して、一連の米国側の行動は
   通常の安全保障の手順
に従って行われたと明かした。

 また、中国側は、誰もこの騒動について記録をせず、米国側にも混乱をきたさない様に決めたという。
 
 さらに、この米国当局者は、中国側が誰一人として米国の
   核のボタン
に手を出したり、触れたりするようなことはなかったと強調した。

 また、この騒動について、中国安全保障の責任者は、この出来事について米国側への理解が足りなかったとして謝罪したという。

 Axiosによれば、5人の関係筋がこの事件を確認したと伝えている。 


ひとこと

 事前に警備の打ち合わせができていなかった可能性が高い。 


     
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ
    
  
 

   


    
   
posted by まねきねこ at 02:00| 愛知 ☁| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月19日

デマ報道?


 韓国統一部の
   白泰鉉(ペク・テヒョン)報道官
は19日の定例会見で、北
   朝鮮に特使を派遣
するかどうかを問われ、「まだ決まったことはない。関係官庁の協議で立場が調整されるだろう」と述べた。

 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は9〜11日に妹の
   金与正(キム・ヨジョン)党第1副部長
を特使として韓国に派遣したうえ
   文在寅(ムン・ジェイン)大統領
に訪朝を要請した。

 南北首脳会談などに関する北朝鮮の真意を探るため、韓国からも特使を派遣すべきとの声が一部で出ている。

 白氏は一方、韓国と北朝鮮の当局者が昨年秋から年末にかけて少なくとも2回、平壌で接触し、北朝鮮の平昌冬季五輪参加問題を協議したとする朝日新聞の18日付報道について
   「北との非公式接触はなかった」
と述べた上で、「正式に訂正報道を要請するつもりだ」と伝えた。

 また、平昌五輪に合わせて韓国を訪れている北朝鮮応援団の帰還時期については、閉会式(25日)が終わってから戻るものと承知していると述べた。

 閉会式に北朝鮮が代表団を派遣する可能性に関しては「南北の間で協議や計画はない」と語った。 

    
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ
    
  
 

   

    
posted by まねきねこ at 21:25| 愛知 ☁| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シングルファーザーは早死にするリスクが2倍以上


 国連経済社会局人口部の
   ジョセフ・シャミー元部長
による推計では、世界の子ども人口23億人のうち14%に当たる
   3億2000万人
がひとり親世帯に暮らしているとのこと。


 カナダの研究結果で15日、パートナーがいる父親やシングルマザーと比較して
   シングルファーザー
は早死にするリスクが2倍以上になると公衆衛生に関する専門誌
   ランセット・パブリック・ヘルス(Lancet Public Health)
に論文が掲載された掲載された。

 トロント大学
   マリア・チウ氏
が主執筆者を務めた研究では、カナダ全土のシングルマザー4590人、シングルファーザー871人を含む4万500人を11年間にわたって追跡調査した。

 論文の執筆者らは、ひとり親家庭の割合がカナダと同程度の先進諸国にも当てはまる結果だろうと述べた。

 
 調査開始時の平均年齢は40代前半だったものの対象者の700人が11年後の調査期間終了までに亡くなった。
 この中で、パートナーがいる父親およびシングルマザーと比較して、シングルファーザーの死亡率は約3倍高かった。

 シングルファーザーは年齢が高い傾向があり、がんや心疾患の罹患率が比較的に高いことを考慮しても
   死亡リスク
は依然2倍ほど高いと研究チームは結論付けた。

 チウ氏は、好ましくない生活習慣やストレスなどがその原因として考えられると指摘したうえ、シングルファーザーには偏った食生活や運動不足、過剰飲酒など
   「より不健康なライフスタイル」
を送る傾向がみられたと続けた。

 また、シングルマザーでは婚外出産の割合が高かった。

 1人で子育てをしている男性では、別居、離婚、パートナーと死別しているケースがより多く見られた。
 離別体験は精神的健康に対するリスク要因ともなる。

 さらに、2016年の研究によると、シングルファーザーはたとえ
   身体的・精神的に不健康な状態
にあることを自覚していても、専門家の助けをあおぐことが女性よりも少ない傾向があった。
 
 
 米国では、1960年には8%だったシングルマザーと住む子どもの割合は、2016年には23%とひとり親家庭は近年、先進国全体では一般的になっている。
 一方、同じ時期、シングルファーザーと住む子どもは1%から4%に増えた。

 欧州では、ひとり親家庭の割合が最多なのはデンマークで30%だった。

 経済協力開発機構(OECD)によると、そのうち23%の世帯主は女性で、7%が男性となっている。 

ひとこと

 ストレスの量と強さが問題だろう。 


    
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ
    
  
 

   


    
posted by まねきねこ at 02:00| 愛知 | Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月18日

中国で名古屋の「旅かえる」が大ヒット。


 日本の携帯端末ゲーム
   「旅かえる」
は無料でダウンロードできるだが、日本語版のみにもかかわらず中国で大ヒットしている。

 イラスト中心の画面で、カエルの世話をするだけの簡単な内容が日本語と中国語の言葉の壁を越えた。

 インターネットで昨年配信されており、中国では今年に入り
   「旅行青蛙」
の名で急速に人気が出た。

 なお、1月中旬からは中国のアップル向け無料アプリのゲーム部門で1位の人気を維持している。

 名古屋市に本社を置くゲーム開発会社
   「ヒットポイント
が開発したもので、このゲームの利用者は「ほとんどが中国」という。

 18日までに3500万回以上ダウンロードされ、このうちアップル端末向けは中国が95%で、日本は1%という。
 主なターゲット層は10〜30代の女性だ。
 
 ゲームは1匹の青ガエルに名前を付け、家の中で面倒を見るだけの「放置系」。
 庭先に生えるクローバーを刈ると通貨になり、食料やテントなどを買い与えられる。 

 カエルはふいに旅に出て、秋田県の入道崎灯台、長野市の善光寺、京都府の天橋立など旅先の写真を送ってくる。
 また、帰宅は不定期で、4日間戻らないこともあるという。

 ゲーム画面に日本各地の観光地や名産品が多数登場する。
 このため、春節連休を迎えた中国人の旅行先選びに影響を与えた可能性もある。

 旅行予約サイト大手の
   携程(シートリップ
によると、ゲームに多く登場する名古屋は、1月の検索回数が前月比で倍増した。

 同社は「旅行青蛙別府温泉」と名付けた商品も売り出した。

 中国のネット上では「カエルが旅立ち、連絡をくれず恋しい」「気ままに旅に出るカエルになりたい」といった書き込みや、日本語やイラストの解説が氾濫している。

 クローバーの大量追加は有料だが、中国では
   「無限大に増やせる」
とうたう闇ビジネスが現れえおり、中国語の海賊版も拡散している。 

ひとこと

 金儲けに長けた中国人のモノマネが経済社会に悪影響を与える時例の一つだろう。
 ヒットする作品を作るのはなかなか難しいものだ。

 面白いからといって、中国語の作品などを作る姿勢が良くない。 

    
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ
    
  
 

   


  
posted by まねきねこ at 19:00| 愛知 ☀| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アルミニウムと鉄鋼の輸入制限をトランプ大統領に勧告


 米商務省は16日、アルミニウムと鉄鋼の輸入制限をトランプ大統領に勧告したと発表した。
 日本を含む全ての国からの鉄鋼輸入に
   最低24%の関税
を適用する措置など、さまざまな選択肢を提示した。

   デービッド・ガリアーノ氏
は「鉄鋼・アルミの貿易戦争始まる」と題するリポートで、トランプ大統領に示された鉄鋼に関する選択肢は、いずれも予想以上に重大かつ広範な影響を及ぼすと分析した。

   ゲーリー・ハフバウアー氏
はこれは国家安全保障のかなり拡大した解釈であり、一つは報復、二つ目は他の諸国が競い合うある種のパスポートの呼び水になると指摘した。

 報復関税に加えて、中国などが米国をWTOに提訴する可能性があり、紛争処理プロセスに何年もの時間を要することもあり得る。 

ひとこと

 目には目をといった対立が起きる可能性もある。 


    
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ
    
  
 

   


    
posted by まねきねこ at 12:35| 愛知 ☀| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「汚職摘発」の収拾にめどが立ち、皇太子は国家運営に自信


 サウジアラビアで「次期国王」と目される
   ムハンマド皇太子(32)
は権力基盤を強化するため、ライバルの追い落としに成功しているようだ。

 昨年来の
   汚職撲滅
を名目とした王族や実業家、閣僚経験者らを大規模に摘発した。


 皇太子率いる汚職対策委員会は昨年11月、具体的な容疑も公表しないまま王子ら380人以上を摘発し身柄を拘束した。

 一時は国王候補に挙がっていた
   ムトイブ前国家警備相
ら有力王子も含まれた。

 このため、皇太子による「政敵排除」との見方も強まった。

 釈放の条件としては
巨額の資産没収と絶対的忠誠
だったようだ。


 財政赤字分を優に上回る
   4000億リヤル(約11兆3000億円)超
の資産を没収するなど、今回の「汚職摘発」の収拾にめどが立ち、皇太子は国家運営に自信を深めている。

 王族による国家予算の略奪行為ともいえる汚職に不満を抱いていたサウジの若者ら国民の支持を固めた。
  

 これまで王族の間で囁かれていた「若くて経験不足」との懸念を拭い去って、高齢のサルマン国王(82)が
   存命中の譲位
が現実味を帯びている。

 中東のテレビ局アルアラビーヤは1月下旬、汚職容疑で拘束後に釈放された有力者
   トルキ・ビンナセル王子
の誓約を伝えた。
 
 
 王族とも親交が深いサウジ人評論家
   イドリス・アルドリス氏
はメディアの取材でサウジでは、これまで皆が汚職に目をつぶり、誰もこれほどの摘発を予想していなかった述べ、変革に燃える野心的なムハンマド皇太子によって対外的にもサウジの印象は良くなったと評価した。

 2015年に副皇太子に登用されムハンマド皇太子は注目されるようになった。
 ムハンマド皇太子は世界屈指の産油国サウジの過度な石油依存からの脱却を目指している。 

 映画館や女性の運転の解禁など、これまで国内の反乱分子を監視し摘発してきた
   宗教警察
の権限を弱めるなど抑制する動きも強めており、保守派からの反発も予想される。

 これまでのところ、因習を打ち破る変革で国内での支持を広げている。
  
  
 昨年6月に皇太子に昇格した際、解任されるのを渋る前皇太子に無理やり交代を迫ったとされる
   強権的な手法
には危うさが伴っているという。
  

 王家の独裁に反発して国外亡命中の
   ハリド・ビンファルハン王子
は取材に対し、「政府に批判的な人物が拘束される例が以前より増えた」と指摘した。

 なお、汚職対策で王族を取り締まるのは、国民に公平さをアピールするための人気取りだと話している。 

ひとこと

 サウジの1年かの財政以上の資金を没収したのは大きな成果だろう。
 王族の数が多く、多くの利権が張り巡らされた社会の閉塞感は想像できない。 

    

       ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ
    
  
 

   


    
  
posted by まねきねこ at 06:50| 愛知 ☀| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鉄鋼・アルミニウムの供給過剰が国家安全保障上の脅威


 米商務省は16日、ドナルド・トランプ大統領に対し世界的な
   鉄鋼・アルミニウム
の供給過剰が国家安全保障上の脅威になっていると指摘し、中国、ロシアなどに高率の関税を課すよう提言したことを発表した。

 一連の措置は、ウィルバー・ロス商務長官が1月下旬に大統領に提出した報告書に盛り込まれていた。

 制裁の主な対象は中国とロシアだが、ほかにも多くの国が含まれている。
 実施されれば世界規模で
   貿易戦争
が起こる恐れが高まるものとみられる。

 報告書では鉄鋼について
 (1)すべての国からの輸入に24%の関税を課す
 (2)中国、ロシア、ブラジルなど12か国からの輸入に53%の関税を課す
 (3)すべての国に輸入割り当てを設ける
の3案を提示した。

 また、アルミニウムについては
 (1)すべての国からの輸入に7.7%の関税を課す
 (2)すべての国に輸入割り当てを設ける
 (3)中国、ロシア、香港、ベトナム、ベネズエラからの輸入に23.6%の関税を課す
の3案を示した。

 これに対し、トランプ大統領は4月半ばまでにどのような措置を取るか判断する見通し。 

ひとこと

 ロシア疑惑の問題で尻に火がつついた感じのトランプ大統領への風当たりが強まる気配。
 米国民の注目や批難を避ける活動をする可能性は高い。


    
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ
    
  
 

   


    
posted by まねきねこ at 06:00| 愛知 | Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「いんちきな詐欺師」と批判


 2012年大統領選の共和党候補でドナルドトランプ氏の対抗馬であった
   ロムニー元マサチューセッツ州知事(70)
は、ユタ州から上院選に出馬すると16日に発表した。 


   


 ロムニー氏はツイッターで、ユタ州民のために尽くし
   ユタ州の価値観
をワシントンに持ち込むため、米上院選に出馬すると表明した。  

  
 ロムニー氏は2016年3月の演説で、当時大統領候補だったトランプ氏を
   「いんちきな詐欺師」
と批判してきた。

 また昨年8月にはバージニア州シャーロッツビルで起きた
   白人至上主義団体
と反対派の衝突に関するトランプ大統領の発言を巡り、大統領は国民に謝罪するべきだと述べるなど厳しい批判を続けている。

 ロムニー氏は引退を表明している
   オリン・ハッチ上院議員(財政委員長)
の後継として、当選を目指すと表明した。

 なお、ハッチ議員はトランプ大統領の強力な支持者で、大統領も再選を目指すよう促していた。 

ひとこと

 左右両派からの反発を生じさせている感じだ。 


    
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ
    
  
 

   


    
   
posted by まねきねこ at 01:00| 愛知 | Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月17日

捜査チームは、2日にわたってバノン氏に対し事情聴取


 米国大手メディアのCNNは15日、ロシアによる米大統領選介入およびトランプ政権との
   共謀疑惑
を捜査するチームが今週、元首席戦略官・上級顧問の
   スティーブ・バノン氏
の事情聴取を行っていたことが分かったと報じた。

 一方、バノン氏は15日、米国議会下院情報特別委員会の聴取に臨んだが
   「大統領行政特権」
を行使し、政権移行期や政権入りしていた際についての質問には回答を拒否している。



   
  

 CNNが関係者の話として報じたもので
   ロバート・モラー特別検察官
が率いる捜査チームは、2日にわたってバノン氏に対し事情聴取を行った。

 バノン氏はどんな範囲の話についても、投げ掛けられたすべての質問に答えたという。

 選挙戦で「米国第一」を掲げる
   ドナルド・トランプ大統領
の主席戦略官を務めたバノン氏は、2016年の米大統領選の最終盤で重要な役割を果たした。

 このほか、現在捜査対象となっている政権移行チームにも参加したが、昨年8月に解任されている。

 
 モラー氏率いる捜査チームは、米連邦捜査局(FBI)の
   ジェームズ・コミー前長官
   マイケル・フリン前米大統領補佐官(国家安全保障担当)
両氏の解任について、バノン氏に事情聴取を行ったとみられる。 

ひとこと

 司法取引が行われた可能性もあり、真実が語られるかどうか... 


    
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ
    
  
 

   


     
   
posted by まねきねこ at 10:00| 愛知 | Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

金融政策を巡るECBのコミュニケーションは変化する


 欧州中央銀行(ECB)で市場操作の責任者を務める
   クーレ理事
は16日、マケドニア旧ユーゴスラビア共和国のスコピエで記者団に金融政策を巡るECBのコミュニケーションは変化すると説明した。
 
 それについて政策委員会がガイダンスの文言変更について、2018年の早い時期に議論することが想定されていると語った。
 
 ECBは債券購入プログラムの終了に向けて準備している。
 
 
 今年2回目の政策決定は3月8日に行われる。
 3回目は4月26日の予定だ。
 
 現在のところ債券購入は少なくとも9月末まで続くことになっている。

 また、債券購入終了前に利上げをすることはないと強調した。
 
 政策委員会内には順序に関して明確な考えがあると述べた。
 政策金利は資産購入終了より前に引き上げられることはない。
  
 
 この順序を順守することには
   全会一致の合意
があると語った。

 最近の相場下落について、過度に懸念する理由はないと述べた。

 主として米国を発信源とした世界的調整で、ユーロ圏への影響はこれまでのところ秩序立ったものであり株式市場にほぼ限定されていると指摘した。 

ひとこと

 全化一致の合意はなかなか骨が折れるだろう。
 利害の対立は起きやすく、経済力の強弱で判断の方向性は異なる。

 合意を得るために歯支援などの妥協点が必要になるだろう。 


    
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ
    
  
 

   


    
   
posted by まねきねこ at 04:58| 愛知 | Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月16日

参加者が薄い中、米ドル・円は106円00銭のストップロス(損切り)を付けに行った。


 クレディ・アグリコル銀行の外国為替部長
   斎藤裕司氏
は、メディアとのインタビューでアジア市場が
   春節(旧正月)
で参加者が薄い中、米ドル・円は106円00銭のストップロス(損切り)を付けに行ったと指摘した。
 
 105円50銭を付ければ目先、気が済むと思う。
 一度けん制が出ると105円台は相当市場も神経質なので戻りも早いかもしれないと語った。 

ひとこと

 為替の振れがやや大きな感じ。 


    
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ
    
  
 

   


    
   
posted by まねきねこ at 21:00| 愛知 | Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

黒田東彦総裁を再任させる人事案を国会に提示


 日本政府は16日午前、日本銀行
   黒田東彦総裁
を再任させる人事案を国会に提示した。
 
 副総裁には雨宮正佳日銀理事、若田部昌澄早稲田大学教授を充てる案も示した。
  
 なお、日銀人事案に対する為替相場の反応は限定的だった。 

ひとこと

 日本国民に利益をもたらしたかどうかで人事を決めるにしても、欧米国際資本の利権の浸蝕は予想以上に大きかった。
 日本企業の権益を安く買い叩ける円安は国際資本の意のままに動いている日銀の政策と一致するものだろう。

 日本人を奴隷化するような働き方改革で、死ぬまで働くよう義務付ける政治家など不要だ。 


    
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ
    
  
 

   

    

   
posted by まねきねこ at 19:21| 愛知 | Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

貝礁の90〜99%が消滅


 カキ礁やイガイ礁など、オーストラリアの貝礁が
   事実上すべて消滅
したとする研究結果が15日、発表された。

 同国の海洋生態系の中でも
   貝礁が最大の危機
に立たされたとして、研究者らは貝礁再生のため、さらなる資金援助を求めている。

 近年、オーストラリアにおける
   サンゴ礁の減少
が世界的な注目を集めている。

 米科学誌「プロスワン(PLOS ONE)」に掲載された研究論文によると、英国が入植を開始した230年前以降
   貝礁の90〜99%が消滅
したことが分かったという。

 たくさんのカキやイガイが寄り集まって形成される貝礁は、熱帯性気候と温帯性気候の地域両方の湾や河口、沿岸などで発生していた。

 貝礁は複雑な生体構造で、さまざまな無脊椎動物や魚に餌や生息地を提供している。
 また、水質の改善や海岸線の保護にも寄与している。

 研究を主導した自然保護団体ネイチャー・コンサーバンシー(Nature Conservancy)の海洋担当責任者で、研究主任
   クリス・ジリーズ氏
は「世界中で貝礁の状態が良くないことはすでに分かっていたことで、全体の85%が消滅、もしくは深刻な劣化を招いている」と指摘した。

 さらに、研究によってオーストラリアの重要な海洋生息地の状況が特にひどいことが判明していると説明した。
 ロックオイスターは10%以下、ヒラガキは1%以下の生息地しか残っていないことを明らかにした。

 研究者らは貝礁の劣化が、蓄積されていた
   炭素の放出
の一因となり、気候変動の激化や暴風雨襲来の頻発化、海面上昇、海洋の酸性化など沿岸部のリスクを高めていると指摘している。

 一方、貝礁の減少につながる脅威を除去すれば、貝礁の再生も可能だとし、貝礁生態系の機能や価値についての啓発の重要性と、再生プロジェクトへの資金提供を訴えている。 

ひとこと

 温暖化や寒冷化で海洋生物が生息できる地域が変化するのも止むを得ない現象だ。
 こうした動きが加速すると対応できない。対応できるくらいの緩やかな変化では生き残ることができる。 


    
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ
    
  
 

   

     
  
  
posted by まねきねこ at 12:00| 愛知 ☁| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国側の密告で暗殺が行われた。


 台湾メディアの
   ETtoday
によると、北朝鮮の朝鮮労働党委員長
   金正恩(キム・ジョンウン)
の異母兄の金正男(キム・ジョンナム)氏が1年前にマレーシアで暗殺された事件について
   後継問題
をめぐる
   中国側の密告
が引き金になったとするNHKの報道を、中国外交部の報道官は否定した。


  
 
 
 NHKが中国政府関係者の話として伝えたところによると、北朝鮮ナンバー2とされた
   張成沢(チャン・ソンテク)氏
は12年8月、中国・北京で当時の
   胡錦濤国家主席
と個別に会談した際、正男氏を北朝鮮の最高指導者にしたいという意向を明らかにした。
  
 
 この情報を当時、中国の最高指導部のメンバーだった江沢民派の
   周永康(ジョウ・ヨンカン)政治局常務委員
が部下を使って盗聴しており、周氏は13年初めに北朝鮮の最高指導者となっていた正恩氏に会談の内容を密告したという。

 その後、張氏は13年12月、国家反逆罪などで処刑され、正男氏は17年2月にマレーシアで暗殺された。


   
 

 また、周氏は汚職や国家機密漏えい罪などに問われて無期懲役の判決を受けた。
 なお、関係者によると、北朝鮮への密告が
   国家機密漏えい罪
に当たると判断されたという。

 中国外交部の
   耿爽(グン・シュアン)報道官
は14日の定例記者会見で、この報道について「根拠のない話だ」とだけ語った。 

ひとこと

 自己保身のための粛清や暗殺を北朝鮮の保衛部が指示を受けて実施したのだろう。
 ただ、権力闘争を誘発させるのが海外勢力であれば、自滅の道を進むことになる。 

 中国内の権力闘争に影響され、北朝鮮の内部で自己粛清が広がっている。


    
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ
    
  
 

   

    

   
posted by まねきねこ at 11:00| 愛知 ☁| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ダーク(闇)ウェブ」を通じて別の仮想通貨に交換する方法で「資金洗浄」に成功した模様


 先月26日にハッキングで580億円が流出した
   仮想通貨
が捜査当局と仮想通貨発行財団の監視網をすり抜けて世界各地に拡散しているという。

 ハッカーは匿名性の高い
   「ダーク(闇)ウェブ」
を通じて別の仮想通貨に交換する方法で「資金洗浄」に成功し、最大21億円相当を引き出したことが明らかになった。
  

 毎日新聞は14日、日本の捜査当局は流出した仮想通貨NEM(ネム)がロシアの
   「Yobit(ヨービット)」
など様々な仮想通貨交換業者に送られていることを把握し、捜査を拡大している。

 口座を開設する時に
   実名確認手続き
を踏まないヨービットは匿名性が高く、仮想通貨の洗浄が容易とされる。

 同紙は、情報セキュリティ専門家を引用して
   流出したネム
は8日に闇ウェブを通じて取引され始め、13日午後5時までに1590回の取引があったと記載、21億円相当のネムがビットコインなど他の仮想通貨に交換された可能性があると伝えた。

 ネム財団と捜査当局は流出した仮想通貨に
   電子タグ
をつけてリアルタイムで追跡している。

 ただ、問題は、取引後から自動で電子タグがつくまでに3分ほどの時間があったため、通貨の転売が15秒〜1分で十分という。

 このため多くの少額取引が頻繁に発生すれば、監視を逃れることが可能だ。

 朝日新聞によると
   盗まれたネム
の5%ほどが初期の口座から別の場所に分散したり行方が分からなくなったりしたと伝えた。

 警視庁は、流出した仮想通貨の流通を阻止するために総力を挙げている。
 ただ、大半が海外で取引されており捜査は困難を来していると見られる。

 ハッカーの正体について把握されたこともほとんどない状況にある。

 匿名性が高い仮想通貨の特性上、口座を追跡・監視できるだけで、口座主を特定することも口座を差し押さえることもできない問題がある。

 ハッキングにあった仮想通貨交換業者
   「コインチェック」
は前日、金融庁に業務改善計画を提出した。

 この計画において26万人の被害者への補償のめどについては明らかにしなかったようだ。

 コインチェックは同日、日本円の出金を再開したが、不安を感じた顧客が殺到した。
 そのため、1日で401億円が引き出されており、被害の補償もなく廃業手続きに入るのではないかという懸念が広がっている。

 一方、今回の事件を機に日本国内では仮想通貨に対する規制を強化動きが優勢となっている。 

ひとこと

 ネットアクセスを中国井がいにロシアに求めた北朝鮮政府だが、仮想通貨を利用した資金洗浄などから窃盗行為まで何でもありの犯罪国家ともいえる。


    
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ
    
  
 

   

    

     
posted by まねきねこ at 06:00| 愛知 ☁| Comment(0) | スタンプとコイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

 

[Most Recent Quotes from www.kitco.com]