当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ブログでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。

マーケット出来事貴金属とレアメタル宝石と宝飾品貴金属の取引方法貴金属取扱会社

2016年12月31日

ミャンマーからロヒンギャが5万人流入


 バングラデシュ外務省は29日、10月以降にイスラム系少数民族
   ロヒンギャ 5万人
がミャンマー軍の迫害を逃れてバングラデシュに流入したと明らかにした。

 なお、バングラデシュ政府は、ミャンマー西部ラカイン州で武装集団と軍との衝突が発生した10月初頭以来、ロヒンギャの大量流入を防ぐべくミャンマー国境での巡回を強化している。


   
   (出典:https://www.youtube.com/embed/AEpvf2dF2kg

   
 バングラデシュ外務省は29日の声明で、ミャンマー大使を呼んで
   無国籍状態
にあるロヒンギャ数万人の流入が継続していることへの「深い懸念」を表明した。

 2016年10月9日以降にバングラデシュに逃れてきたミャンマー市民は約5万人に上ると伝えたことを明らかにした。

 さらに、ロヒンギャ30万人を含めてほとんどがバングラデシュ国内に不法滞在しているミャンマー人を早期に本国へ送還させるよう求めた。


ひとこと

 ロヒンギャはビルマ王国により1785年に滅んだアラカン王国に従者や傭兵として雇われ、また商人としてビルマの間を頻繁に往来したため、その後バングラデシュ=ミャンマー国境に定住したムスリムがロヒンギャの始祖とされてり、ビルマが英国に敗れたのちは、英国が積極的にビルマ人の土地を収奪してロヒンギャにあたえ、抵抗力を奪って植民地化した歴史があり、単純に判断できないものだ。

 強制的に収奪されたビルマの仏教徒が反発するのも無理はない。
     
 
        ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ



        

   

     
posted by まねきねこ at 08:51| 愛知 ☀| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国人観光客が千歳空港で大暴れ


 中国メディアの今日頭条は26日、北海道の新千歳空港で、中国人旅行客たちが大雪で欠航となり3日間足止めにされたことに腹を立てた暴れるというトラブルが起きたことを報道した。

   

 新千歳空港で24日夜、寒波による雪のために複数の便が欠航となり、多くの旅行客が足止めされたことを伝えたが、「欠航となったことに対し、約100人の中国人旅行客が抗議した」と紹介した。

 さらに、4−5人の中国人がゲートを勝手に越えたと伝えつつ、駆けつけた警官と衝突したと伝えた。
 このほか、騒ぎは25日8時ごろになってようやく収まったと報じた。

 空港では1日目(22日)の夜、足止めされた旅行者らには旅行社からホテルや宿泊場所は提供されなかったようで、空港内の一部を開放し、毛布や寝袋が提供された。
 この時は、中国人旅行者らも秩序を保っていたという。

 2日目も大雪の影響で飛行機は出発できず、空港で足止めされた人は前日の倍以上の6000〜7000人になった。
 また、3日目になり天気が回復して、国内便や韓国、タイなど他国の航空会社の便は次々と搭乗が案内された。

 しかし、中国の航空会社はいつまでたっても案内されなかったことや翌日(25日)からは再び大雪になる予報で、旅行者からの支援がなく所持金も少なくなったため、コンビニで購入できる食料なども限られていたという。

 こうした中で中国人客らは焦り始め、搭乗口に集まり、中国の航空会社の担当者に状況を尋ねたものの、答えは当日(24日)の便を優先するというもので、22、23日の便について明確な回答はなかったことが騒動のきっかけとなったと見られる。


ひとこと

 中国の旅行会社の対応の悪さは世界各国で問題を引き起こしている。

   


 旅行代金を安くする代わりに、バックリベートを貰うため、中国人観光客に指定の店で商品を買わせるよう仕向けて顰蹙を買っている。
 こうした買い物をしない中国人観光客への面当ても相当なものとなっている。

 中国人観光客の怒り爆発の矛先が問題であり、適切な対応が出来ない中国の旅行社を責めればいいものであり、空港や警察に詰めよる姿勢は共産主義国家における党幹部の権益に絡む思考が前面に出ているようでもあり「抗議の構造」が中国国内と同じようにも見え問題だ。


      
 
        ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ



        

   

     
posted by まねきねこ at 06:39| 愛知 ☀| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月30日

ハンドバッグメーカー「ケイト・スペード」 来月に正式な入札手続きに着手?


 身売りを模索している米国のハンドバッグメーカー
   ケイト・スペード
は、来月に正式な入札手続きに着手する。

 この入札の買い手候補は6社挙げられてることが、この事情に詳しい関係者がメディアの取材で明らかにした。

 ただ、この情報が公にされていないとして匿名を条件に述べた。

 ケイト・スペードは身売りの準備にあたって金融機関から助言を得ており、ケイト・スペード買収に名乗りを上げる可能性がある企業のほとんどは小売業者だという。

 なお、ケイト・スペードの時価総額は約23億ドル(約2700億円)という。

 
 ヘッジファンドのカイロス・インベスターズは先月、ケイト・スペードに対し
   利益マージンの改善
のため、く身売り先を見つけるよう迫った。
     
 
        ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ



        

   


   kate spade ケイトスペード アウトレット 長財布 PENN PLACE WLRU2424 001   ケイトスペード ハンドバッグ KATE SPADE PXRU6410 CEDAR STREET mini hayden - ミッピーナ
 

     

      
posted by まねきねこ at 08:05| 愛知 ☀| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

既に発表済みの雇用数を自らの成果に流用?


 米国のトランプ次期米大統領は28日にフロリダ州で記者団に対し、
携帯電話サービス大手
の幹部から電話があり、5000人の雇用を米国に戻すと伝えられたと述べ、「マサや他の人々がこの件に非常に大きく関わった」と加えた。


   
  
  
 トランプ氏はが「マサ」と呼ぶ孫社長は今月、米国に
   500億ドル(約5兆8300億円)
を投資し5万人の雇用を創出する意向を明らかにした。

 スプリントが示した5000人の雇用を創出する、もしくは米国に戻すとの方針について、自らの功績であると主張した。
 なお、スプリントはこの5000人について、親会社ソフトバンク・グループが既に発表した米国での雇用計画の一部だと説明している。

 トランプ氏はスプリントの雇用は既に発表済みだとの見方に反論した。

 また、衛星通信事業を手掛ける米国のベンチャー企業で、ソフトバンクが出資する
   ワンウェブ
がフロリダ州で向こう4年間に3000人規模の新たな雇用を生み出すとの発表を繰り返した。

 なお、ワンウェブの創設者
   グレッグ・ワイラー氏
はメディアとのインタビューで、「マサはトランプ氏との会談を受けて、ワンウェブへの投資を増やし成長を加速させようという意欲を高めた」と述べている。


ひとこと

 米国労働省によれば、非農業部門雇用者数は9、10、11月に1カ月当たり平均で17万6000人増加したが、失業保険の継続受給者も増加傾向が続いている。

 何でも成果として主張する姿勢は...
     
 
        ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ



        

   

    
posted by まねきねこ at 08:02| 愛知 ☀| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人材不足は奴隷的な雇用環境を押し付け、賃金が安いことが根本的な原因だろう。

  
   
 総合人材サービスの
   マンパワーグループ
の調査で、日本は人材確保が難しい上位3の職種にITが入っている。

 報酬が悪く、劣悪な労働環境を押し付けてきたため2010年以降は世界で最も人材が不足している。

 経済産業省の調査によると、日本でIT人材の不足は現状約17万人と推定され、30年までに最大約79万人になると推測している。

 こうした現状は労働環境の厳しさに見合った報酬が支払われていない現実が背景にあるためだ。



ひとこと

 景気回復期に人材の流動化が強まるのは当然のことだ。
 有能な人材が先に企業をスピンアウトするのも企業の経営者が問題だろう。

 薄利多売などといったことが根本的な誤りであることに気付くべきだろう。
 少数がやりたい放題で社会が混乱する流れを作りだすマスコミの報道はもっと問題だ。
 売り上げを増やすために事件などを過度に報道したり、謝罪を強要する様な映像をやたら流す姿勢自体がマスコミの傲慢さの象徴だろう。

     
 
        ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ



        

   

     
posted by まねきねこ at 07:45| 愛知 ☀| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NY原油先物市場 WTI先物が反落


 NYMEXの原油先物市場ではウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物が反落した。

 米国エネルギー情報局(EIA)の週間統計で原油在庫が2週連続で増加したことが明らかになり、9営業日ぶりに下げた。
 
 
  
COMEX部門

 WTI先物2月限
  1バレル=53.77ドル
   前日比−29セント(0.54%) 
     
 
        ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ



        

   

     
posted by まねきねこ at 06:56| 愛知 ☀| Comment(0) | マーケットの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月29日

中国の傲慢さが...


 日本は28日、台北にある事実上の
   日本大使館
である「交流協会」の名称を来年から「日本台湾交流協会」に変更するとウェブサイトで発表した。

 同協会は「引き続き日本と台湾の架け橋としての役割を果たし、関係をさらに進展させる決意だ」としている。

 中国外務省の
   華春瑩報道官
は定例記者会見で、「台湾問題」に関する日本のネガティブな行動に対する強い不満を表明した。

 中国外務省はウェブサイトで日本に対し
   「一つの中国」の原則
を堅持するとともに、台湾に関連した問題に適切に対処し、台湾の政権や国際社会に誤ったシグナルを送ったり日中関係に新たな混乱を来すことを慎むよう促したいとの声明を掲載し、日本政府の決定を批判した。


 台湾では2016年6月に行われた
   中華民国総統選挙
で台湾独立派の民進党の
   蔡英文候補
が国民党候補を圧倒して当選し、総統となった。

 トランプ次期政権は台湾の蔡英文総統の電話会談以降、台湾をめぐり中国政府と米国の間で「一つの中国」論争が起きており、軍事的な威嚇を中国が東アジアで強めてもいる。

 こうした政治環境のなかで日本を加えて新たな緊張が高まる可能性が出てきた。


ひとこと

 中華思想の典型的な発言だ。
 中国政府の傲慢さが背景にある。
 経済的な影響力が大きいとの自信が傲慢さに変化しており、危険な兆候が多くなっている。

   

    
        ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ


   

     
            ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
       人気ブログランキングへ
   
  


偉人・貴人、有名人たちの足跡

  




         

   

     
posted by まねきねこ at 06:15| 愛知 ☀| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月28日

12月の米消費者信頼感指数 2001年8月以来の水準まで好転


 米国の民間調査機関コンファレンスボードは27日、12月の米消費者信頼感指数が
   113.7(前月 109.4(速報値107.1))
に上昇、2001年8月以来の水準となったと発表した。

 事前調査でエコノミスト予想値は109だった。

 向こう6カ月の期待指数は105.5(前月 94.4)に上昇し、2003年12月以来で最高となった。
 現況指数は126.1(前月 132)に低下した。

 今後6カ月間で景況改善を見込むとの回答は23.6%(前月 16.4%)に上昇した。
 
 コンファレンス・ボードの景気指標担当ディレクター
   リン・フランコ氏
は発表文で
   米大統領選挙後
に景気や雇用、所得、さらに、年齢層の高い消費者の間で
   13年ぶり高値をつけた株価
に対する楽観の高まりが特に顕著だったと述べた。

 2017年に目を向けると、消費者の楽観が今後も続くかどうかはその期待が現実となるかどうかにかかっていると続けた。

 向こう6カ月に雇用が増えるとの回答比率は21%(前月16.1%)に上昇した。
 向こう6カ月間で所得増を見込むとの回答は21%(前月 17.4%)に上昇した。

 来年の株価上昇を見込むとの回答は44.7%と、2004年1月以来で最も楽観的だった。  
     
 
        ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ



        

   

     
posted by まねきねこ at 06:37| 愛知 ☀| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月27日

中国政府が軍事力を誇示

  
 台湾当局国防部は26日、演習のため25日に台湾本島南部とフィリピンの間のバシー海峡で、台湾の防空識別圏(ADIZ)の外側約20カイリ(約37キロ)を、中国の空母「遼寧(Liaoning)」と艦船5隻が通過したことについて、注意深く監視していると発表した。

 中国艦隊は26日朝、台湾最南端の岬、鵝鑾鼻(ガランビ、Eluanbi)沖を通過した。
 その後、南西へ向かって航行を続け、南シナ海の東沙諸島(Dongsha Islands、別名:プラタス諸島)の南東沖に到達した。

 台湾国防部では、艦隊について完全な監視を行っていると述べ、国民に平静を呼び掛けた。

 また、台湾のメディアは、監視行動としてF16戦闘機と軍艦が出動したと報じたが機数などは明らかにしておらず、国防部も説明を拒否した。

 
 日本の防衛省は、24日午後に東シナ海の中央部で、空母1隻と駆逐艦3隻を含む中国の艦隊を確認したと発表している。
 
 
 中国メディアは、太平洋での演習に初めて空母が向かっていると報じた。
 中国軍のの海上演習は、台湾の
   蔡英文総統
と米国の次期大統領
   ドナルド・トランプ氏
が電話会談を行ったことを受け、外交儀礼にそむく形で米国および台湾との間で緊張が高まっている中国政府が軍事力を見せつけた形だ。


ひとこと

 中国軍は虚勢を張ることが多く、意図的に残虐的な対応を繰り返してきた歴史がある。
 弱い相手への対応は容赦がないのは各王朝の崩壊後の措置を見れば明らかだろう。
  
    
        ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ



        

   

     
posted by まねきねこ at 06:06| 愛知 ☁| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月26日

中国空母艦隊が日本の自衛隊の防空システムを探索する動き。


 東シナ海で初めて確認された中国の
   空母「遼寧」
など中国軍の艦船7隻は、25日午前に沖縄本島と宮古島の間を通過し太平洋へ出た

 この空母艦隊に所属する7隻のうちフリゲート艦から哨戒ヘリ1機が飛び立ち、宮古島の日本の領空約10キロまで接近し日本の自衛隊の防空システムを探索する動きをした。

 防衛省は航空自衛隊「F15戦闘機」を緊急発進させ、対応した。
 なお、これまでのところ、中国軍のヘリや艦船による領海や領空への侵犯は確認されていない。
 防衛省は警戒監視活動を継続している。  
    
        ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ



        

    

    
posted by まねきねこ at 06:37| 愛知 | Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月25日

最新鋭ステルス戦闘機F35は割高


 米国の航空防衛大手
   ロッキード・マーチン(Lockheed Martin
の最新鋭ステルス戦闘機F35にかかる費用が巨額すぎると不満を表明してきた
   ドナルド・トランプ(Donald Trump)次期大統領
は22日、競合する米航空宇宙機器大手
   ボーイング(Boeing
が海軍に提供している
   F18戦闘機スーパーホーネット(Super Hornet)
を新たに導入した場合のコストを見積もるよう求めとツイッター(Twitter)に投稿した。


   
   (出典:href="https://www.youtube.com/watch
   

 なお、この前日に、トランプ氏は米軍幹部らとF35導入計画を中心としたコスト削減対策を協議し、ロッキードのマリリン・ヒューソン最高経営責任者(CEO)と、ボーイングのデニス・マレンバーグCEOにも面会した。
 
  
 主に米国の空軍向けに2443機を納入する現行のF35開発・調達計画では、費用が
   3790億ドル(約44兆5000億円)
に達する見込みで、既に米史上最も高額な戦闘機となっている。
   

   

 F35についてはこれだけにとどまらず関連費用はさらに膨れ上がる見通しにある。
  
 この戦闘機の導入後も整備費などで耐用年数とされる2070年までに
   1兆5000億ドル(約176兆円)
ものコストがかかると見込まれている。



ひとこと

 F35については飛行により機体尾翼のクラックなどの欠陥も指摘されており、訓練等の運用においても整備や点検によるコストが高くなるリスクがあり、いわゆる欠陥機の状態にあり、開発費用が予想外に掛かっている代物だ。

 本来、日本の防衛整備を考えればF18の導入か対抗措置として欧州のユーロファイターも選定対象として導入機の価格の引き下げを行う必要があるのは明らかだ。

 所詮米国の軍事産業は政治と結びついた軍産複合体制が続いており、同じ種類の戦闘機であっても、戦闘能力は米軍に抵抗が出来なくするためのソフトがブラックボックスに仕込まれてしまっているとも言われている。
  
    
        ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ



        

   



   
posted by まねきねこ at 06:46| 愛知 ☁| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

空中を飛んで3兆匹以上の昆虫が季節ごとに移動


 英国の研究チームは研究論文で空を飛行して
   季節移動する昆虫
の数を計測する世界初の調査で
   毎年3兆匹以上
の昆虫が、われわれの頭上を通過していることが分かったと発表した。

 健全な生態系で重要な役割を担う昆虫は、作物を受粉させ、作物につく害虫を食べ、鳥やコウモリの餌にもなる連鎖のひとつ。
 

 論文の共同執筆者で、英国エクセター大学(University of Exeter)のペンリン(Penryn)キャンパスにある生態系・環境保全センター(Centre for Ecology and Conservation)の
   ジェイソン・チャプマン氏
は昆虫の体は栄養価が高く、こうした行動の重要性は過小評価されているとメディアの取材で述べ、英国南部上空で観察した昆虫の密度から、全大陸の上空での密度を推定すれば、高高度の昆虫移動は、陸上生態系で最も重要な動物の年次移動を示している。

 これは、最重要の大洋回遊に匹敵すると指摘した。

 高高度を移動する昆虫の総重量は3200トンで、毎年秋に英国からアフリカに移動する鳴き鳥3000万羽の総重量の7倍以上に及ぶという。

 昆虫移動の大半(約70%)は日中に行われるとしている。
   

 論文の主執筆者の
   フー・ガオ(Gao Hu)氏
は、空に向けた
   特殊な電波探知機
を用いて、高度150メートルを移動する昆虫をほぼ10年にわたって追跡調査したという。

 季節移動する昆虫の総数は、年平均で3兆3700億匹に上った。 
 なお、移動する昆虫の数は、暖かい日に最も多かったと研究チームは説明した。
  
  

ひとこと
  
  昆虫が飛ぶ方向は太陽の光や風、電磁波の影響を受けるのだろうか、夜間飛べないのは見えないからというより、高高度を飛行するため害気温が低下して凍結してしまうリスクが高くなるためだろうか?

 飛行方向は海上になれば地球の自転から東に向かって跳ぶことが多いのかも。


    
        ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ



        

   

   だから昆虫は面白い:くらべて際立つ多様性 -   DVD付 新版 昆虫 (小学館の図鑑 NEO) -   昆虫はすごい (光文社新書) -
 
 
    
posted by まねきねこ at 06:18| 愛知 ☁| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本の主要メディアの情報の裏は取れているのか?


 米国ハワイ州の邦字日刊紙「ハワイ報知」は22日、鳩山一郎氏と岸信介氏がそれぞれ首相だった1956年と57年に、ハワイの真珠湾を訪問していたと報じた。

 当時の紙面で確認されたという。
 この報道通りであれば、現職首相による真珠湾訪問が確認されたのは、51年の吉田茂氏を含め3人いる。
 
 
 日本の主要メディアは、現職首相の真珠湾訪問は今月の安倍晋三首相が初めてと
   不確かな情報
を報道した。
 その後、吉田氏が51年に真珠湾の米太平洋軍司令部を訪問していたことが確認され訂正した。
 
 
 日本政府によると、攻撃で沈没した戦艦の真上にある
   慰霊施設「アリゾナ記念館」
は62年に建てられたため、同記念館で慰霊を行う現職首相は安倍氏が初めてになると言い訳(?)した。
 
 鳩山氏は56年10月、モスクワで日ソ共同宣言に調印し、欧州、米国経由で帰国する際、ホノルルに立ち寄った。
 なお、ハワイ報知は当時、その様子を写真付きで報じていた。

 また、岸氏は57年6月、米国でアイゼンハワー大統領と会談後、帰国前にホノルルで2泊した。
 なお、「ハワイタイムズ」(85年廃刊)には、岸氏が米兵の眠る米国立太平洋記念墓地(パンチボウル)や、真珠湾の「マカラパ司令部」を訪問したと記されている。

 鳩山、岸両氏とも「礼砲の歓迎」を受けており、「公式の訪問とみられる」とハワイ報知は報じた。



ひとこと

 日本のメディアの取材能力というか、調査能力の欠落が見て取れる出鱈目な報道だ。
 あらゆる情報が同じ様なスタンスで情報を垂れ流しており、社会に害を発生しかねない。

 報道機関が第4の権力などという自画自賛する者もいるが、こうした出鱈目報道を垂れ流すのでは...
 原発問題をやたら煽る姿勢で世論を意図的にコントロールして偏向的な動きを見せているのも問題の一つだ。

    
        ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ



        

   

 
   
   
posted by まねきねこ at 06:03| 愛知 ☁| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サハラ砂漠に37年ぶりの雪


 アフリカのサハラ(Sahara)砂漠で今週、1979年以来、37年ぶりとなる降雪が観測されたとのこと。


   
 


    
        ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ



        

    
    

   ブラックアフリカ紀行―サハラ砂漠を縦断せよ -    砂漠を旅する―サハラの世界へ -   サハラ砂漠の王子さま (幻冬舎文庫) -
 


 
   
   
posted by まねきねこ at 05:52| 愛知 ☁| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月24日

中国への対立的な姿勢を牽制 上海GMに対し独占禁止法に違反したとして罰金2億100万元(約34億円)を科した


 中国上海市発展改革委員会が23日ウェブサイトに米国の
   ゼネラル・モーターズ(GM)
が中国で上海汽車集団 (SAICモーター)のとの合弁会社上海GMに対し
   独占禁止法
に違反したとして罰金2億100万元(約34億円)を科したことを明らかにした。

 トランプ次期米大統領が
   中国への対立的な姿勢
を牽制する中での措置となった。

 掲載した声明では、上海GMが、一部モデルの販売に関してディーラー向け最低価格を設定した上で監視を行い、その設定価格を下回る水準で販売したディーラーを罰したと主張している。



ひとこと

 尖閣諸島の領土問題が起きた時に日本の建設会社の社員が中国公安からスパイ容疑で逮捕された時と同じものだ。
 監視社会の中国ではあらゆる行動が監視の対象であり、監視しなければ多くの中国人が毛嫌いしているであろう中国共産主義政権が維持で気ないのだろう。

 意図的に公安要員が反日的な暴動等を引き起こしたが、本来であれば事前に暴動のリスクの芽は摘み取られるのが関し社会の中国だが...
   

    
        ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ



        

   

  「トランプ大統領」から始まる中国大乱 -   赤い帝国・中国が滅びる日 -   南京!南京! -
  
 
   
    
posted by まねきねこ at 06:29| 愛知 ☁| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月23日

「世界の工場」から「世界一の公害国」に落ち込む中国

 米国の著名経済学者
   ピーター・ナヴァロ氏
は米国の次期政権で貿易・産業政策を担う新たな組織
   「国家通商会議(White House National Trade Council)」
のトップに指名されたことが明らかになった。


 対中国強硬派のナヴァロ氏は今年6月の
  新著『Death by China(中国が(世界を)破滅に向かわせる)』
を出版している。

 同著は、カリフォルニア大学アーバイン校の経済学教授のピーター・ナヴァロ氏と、実業家兼作家のグレッグ・オートリー氏の共著で中国共産党が世界を危険な境地に陥れている状況を力説したうえ、この
   「悪龍」たる共産党
と対抗するよう世界に訴えた作品だ。

 さらに、米国を代表とする西側世界が共産党政権に示した軟弱政策に異を唱えてもいる。

 これまでピーター・ナヴァロ氏は、CNNなどのビジネスニュース番組のコメンテーターとして出演したり、経済専門チャンネルCNBCのレギュラー出演者としても活躍している。

  
出版した書籍では 「真相を伝えることは中傷ではない」と冒頭で明記したうえ
   繁栄の中国の「舞台裏」
をありのままに伝えたもの。

 中国の共産党政権を「悪龍」と例える著者は、2001年9・11以降、米国はテロとの戦いに追われ
   中共という「悪龍」
を野放しにしたと指摘しており、その中共の「悪龍」ぶりをあるゆる角度から論究している。

 中国に氾濫する「毒食品」を」最初に取り上げたうえ、この「毒食品」を直接生み出しているのは悪徳業者であるが、そのような悪徳業者がはびこる背景には、共産党政権の
   儒教思想
に対する破壊によりできた「道徳の空白」がある指摘した。

 さらに、この「道徳の空白」により、中国は世界に対して
   資源の略奪
   知識財産権の侵害
を恣意に行い、環境や水資源を憚らずに破壊してきたとし、中国はいま、その自らの行為で、「世界の工場」から
   「世界一の公害国」
に成り下がり、さらにその公害により世界が蝕ばれているとした。

    
        ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ



        

  

   中国汚染の真相 「水」と「空気」で崩れる中国 (社会) -   人が死滅する中国汚染大陸 超複合汚染の恐怖 (経済界新書) -   中国複合汚染の正体 -
 
 
   
   
posted by まねきねこ at 07:02| 愛知 ☁| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

航空機を除く非国防資本財(コア資本財)の受注が市場予想を上回る伸び


 ムーディーズ・アナリティクスのシニアエコノミスト
   ライアン・スイート氏
は11月の米耐久財受注統計では、航空機を除く非国防資本財(コア資本財)の受注が市場予想を上回る伸びとなったことについて、メディアの取材で
   設備投資が安定しつつある可能性
を示す初期の兆候が一部に見られると指摘した。

 米国経済に置いて設備投資はここしばらく米経済の弱点だったが、今後は上向くだろうとの認識を示した。


ひとこと

 社会インフラの整備が進むことが予想されており、当然、資材等を供給するための設備投資が安定しつつある可能性は高くなっている。
    
        ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ



        

  
 
   
    
posted by まねきねこ at 05:48| 愛知 ☁| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月22日

トランプノミクスは「実行できない約束」をする。


 トランプノミクスは実行できない約束をするが、欧州は約束した以上を実行する可能性があると、モルガン・スタンレーは分析している。

  ドルはユーロに対して14年ぶり高値に急騰、S&P500種株価指数は過去最高値を更新した。

 モルガン・スタンレーのクロスアセット戦略責任者
   アンドルー・シーツ氏
は、ドナルド・トランプ氏が選挙運動で約束した経済成長を実現できない場合
   保護主義的政策
を強化するリスクが十分に織り込まれていないことを浮き彫りにしていると警告した。
 
 ほとんどの投資家が想定する
   基本シナリオ
は、トランプ氏が経済にプラスになる政策をいくつか導入し、かつマイナスになるような政策は一切採用しないというものだと続けた。

 2017年は米国株より好成績を残すとの予測に基づき、欧州株と日本株の買いを推奨した。

 また、トランプ氏が財政投入による景気刺激策を導入し、かつ大がかりな保護主義的な政策を避けた場合でも、経済成長率はなお期待を裏切る可能性があると指摘した。

 モルガン・スタンレーの予想では2017年と18年の米国内総生産(GDP)は2%成長という。

 期待先行でNY株価や米ドル相場が上昇したが、来年のサプライズは、米経済が期待になかなか応じられないということかもしれないと語った。

 潜在成長率の低さと、金融状況の引き締まりから吹いてくる向かい風が見落とされている可能性があるとも指摘した。

 2016年は欧州と日本より、米国株を選好したが、17年は逆転するだろうと述べた。

    
        ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ



        

  
 
   
  
posted by まねきねこ at 06:08| 愛知 ☀| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月20日

ロシアの駐トルコ大使が暗殺された。


 ロシアの駐トルコ大使が19日、トルコの首都アンカラで警官に銃撃され死亡した。
 シリアの内戦に関連した暗殺とみられている。

 ロシア外務省によれば、ロシアの駐トルコ大使
   アンドレイ・カルロフ氏
はアンカラの美術展に出席中、背中を撃たれ、その後死亡した。

 銃撃した男はシリアの都市アレッポについて大声で叫んだと、CNNトルコが伝えた。

    
        ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ



        

  
 
   

posted by まねきねこ at 06:27| 愛知 ☀| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

投資家をミスリードしたとされる問題の解決合意が間近?


 ロイター通信はドイツ銀行が住宅ローン担保証券の販売で
   投資家をミスリードしたとされる問題
で米司法省と早ければ21日にも合意に至る可能性があると、この事情に詳しい関係者の話として報じた。

  ドイツ銀行の支払額は司法省が当初求めた
   140億ドル(約1兆6400億円)
よりはるかに少額となる見込み。

 ただ、合意はまだ確定しておらず、遅れる可能性もあるという。

    
        ↓ 参考になったらクリックお願いします。

    人気ブログランキングへ



        

  
 
   
posted by まねきねこ at 05:42| 愛知 ☀| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

 

[Most Recent Quotes from www.kitco.com]