当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ブログでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。

マーケット出来事貴金属とレアメタル宝石と宝飾品貴金属の取引方法貴金属取扱会社

2024年04月23日

2024年の残りの期間については、利益が上振れする可能性は49%に低下

シティグループのストラテジスト
   スコット・クロナート氏
が率いるチームは、米国株は企業の業績に支えられているが、成長期待とセンチメントの高まりが逆風になっていると指摘し、第1四半期の利益がボトムアップ形式で集計されたコンセンサス予想を上回る確率を76%と分析した。
 しかし、2024年の残りの期間については、利益が上振れする可能性は49%に低下し、企業がガイダンスの引き上げに消極的になる可能性を示唆している。

    
posted by まねきねこ at 10:00| 愛知 ☁| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米国で再び禁止論が台頭する中、TikTokは米国内の利用者1.7億人盾に徹底抗戦の構え

 トランプ米政権が4年前、米国で動画共有アプリ「TikTok(ティックトック)」の利用を禁止する構えを見せると、親会社である中国の
   字節跳動(バイトダンス)
は、事業売却に向けた予備的な協議を行ったものの、今回は事情が異なる。

 米国政府はここにきて再び、TikTokをバイトダンスから切り離さない限り、米国でのアプリ利用を禁止する意向を明らかにしている。
 ただ、同社は売却の意思がないことを明確にしたTikTokの経営陣は、米議会で禁止法案が可決された場合には、法廷で争う方針を従業員に伝えた。

 TikTokの米州担当パブリックポリシー責任者
   マイケル・ベッカーマン氏
は米国スタッフに宛てた文書で「われわれは戦い続ける」と言明した。
 また、「これはこの長いプロセスの始まりであり、終わりではない」と続けた。

 これで米政府とTikTokとの間で 
   重大な法廷闘争
へと発展する舞台が整うことになる。
 
 TikTokの親会社バイトダンスは中国の急速な技術発展を象徴する存在となっており、その結果は、テンセントやPDDホールディングス傘下の「Temu(ティームー)」といった米国市場への野心を募らせる中国企業のビジネス展望を決定づける可能性が高そうだ。
 
 また、中国政府の権益と表裏一体となってきているバイトダンスから華為技術(ファーウェイ)に至るまで、中国を代表する有力企業に対する圧力が強まる中で、中国政府がどう対応するかの試金石となる。

 中国上海にある復旦大学アメリカ研究センターの主任、呉心伯氏は「TikTokだけではない。米国がファーウェイに矛先を向けて以降、今では数百の中国企業が米国の制裁下に置かれている」と指摘した。
 また、「将来的にはTemuや他の電子商取引(eコマース)企業も影響を受け得る。米国の同盟国もTikTok禁止で追随するかもしれず、これはドミノ効果をもたらす可能性がある」と続けた。

 バイトダンスには、米政府に対抗すべき確固とした理由として、米国事業の規模が2020年をはるかに上回っており、当時1億人弱だった利用者は1億7000万人まで伸びており、売上高も他の市場と比べて突出しているため、この収益源となっている市場を手放すことは収益減少に直結するためだ。

 トランプ政権が目指していた
   アプリ禁止
が頓挫して以降、TikTokでは
   インフルエンサー
を軸とするeコマース事業を構築し勢力を拡大させてきた。
 その結果、数百万に上るコンテンツクリエイターや中小企業が収益確保でTikTokに大きく依存し、影響力が高まっている。
 
 米経済の大部分と切っても切り離せないほど結びつきを強めることで、簡単には排除できない状況を作り出したとも言える。
 
 また、7月頃にはメキシコでライブショッピングを開始する準備も進めているといった情報も流れている。
 そのため、米国で禁止されれば、大規模な混乱など、世界展開に一段と広範な影響を及ぼす恐れがある。

 TikTokは米国で訴訟になっても勝てる見込みがあると考えていると見られる。
 1億7000万人の米国人を強制的にプラットフォームから排除することは、憲法修正第1条に定められた
   言論の自由の権利
を奪うことになると主張する構えが背景にあるためだ。
 これは米国の司法制度において強力なアプローチとなるが、利用者の個人情報や秩序の混乱等に関する問題点との天秤に注目が移る可能性もある。。

 なお、欧州連合(EU)当局も、最近フランスとスペインでサービスが始まった「Tiktok Lite(ティックトック・ライト)」と呼ばれる簡易版アプリのポイント制度について
   中毒性のリスク
があるなどとして問題視しており、こうした問題の解決にTiktokが対応しなければ、巨額の制裁金を科す構えもみせている。

    
posted by まねきねこ at 09:00| 愛知 ☁| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヘッジファンドが世界的な株買いを再開

ゴールドマン・サックス・グループのトレーディングデスクではヘッジファンドが世界的な株買いを再開しつつあり、全般的な市場のボラティリティーにも動じず、約2カ月ぶりの速いペースでテクノロジー株を買い進めていると分析した。

  
posted by まねきねこ at 08:57| 愛知 ☁| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米国企業 景気が力強さを増し、利益の伸びが改善

 米企業が今年の業績について力強い見通しを示せるかどうかを巡り、ウォール街大手銀行の株式ストラテジストの間で意見が分かれている。

モルガン・スタンレー
   マイケル・ウィルソン氏
は顧客向けリポートで「景気が力強さを増し、利益の伸びが改善する」との見通しを示した。

 ブルームバーグが実施した最新のマーケッツ・ライブ(MLIV)パルス調査によると、409人の回答者のうち3分の2近くが、決算が株価指数を押し上げるとの見通しを示した。
 
  
posted by まねきねこ at 08:55| 愛知 ☁| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

売り浴びせに対応できるかどうかの試金石

 米国債相場はもみ合い。投資家の意欲を試すことになる国債入札を控えている。利回りは先週、2024年の最高水準に達した。

 外国為替市場ではドル指数がほぼ変わらず。
 円相場は一時1ドル=154円85銭に下落し、34年ぶりの円安・ドル高を再び更新した。
 
 日銀や財務相の発言の効果を削ぐ動きのひとつで155円の抵抗ラインを割り込んだ後の売り浴びせに対応できるかどうかの試金石だ。
 
  
posted by まねきねこ at 08:00| 愛知 ☁| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PCEが穏やかな数字になれば、第3四半期にかけてドルが小幅に反転する 

 TDセキュリティーズの外国為替・新興国市場戦略世界責任者
   マーク・マコーミック氏
は顧客向けリポートで「今週の個人消費支出(PCE)コア価格指数は、今年最も重要な統計の1つになると思われる。穏やかな数字になれば、第3四半期にかけてドルが小幅に反転するとの当社の見通しを後押しする可能性がある」と明らかにした。

  
posted by まねきねこ at 07:45| 愛知 ☁| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中東における事態がエスカレートするとの危機感はいまのところ和らいだ状態

 イランとイスラエルが
   互いに相手の領土を直接攻撃
したことで、中東で全面戦争が勃発しかねないとの警戒が強まり、金は足元で大きく買われていた。 

 イランは22日、イスラエルは「現段階で必要な対応」を受けたとの見解を示し、事態がエスカレートするとの危機感が和らいだ。
  
    
posted by まねきねこ at 07:39| 愛知 ☁| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米国株式市場 S&P500種は反発、ハイテク決算に期待 今週はS&P500種構成企業のうち約180社が決算発表

 米株式市場では22日、S&P500種株価指数が反発して引けた。
 前週末までの下げで2兆ドルの時価総額が消失していたが、大手ハイテク株の決算が高い見通しに達するとの期待から買いが入った。

 S&P500種構成企業のうち、約180社が今週、決算を発表する。
 その時価総額は指数全体の40%余りとなる。
 ブルームバーグ・インテリジェンスによると、いわゆる「マグニフィセント・セブン」と呼ばれる大手テクノロジー企業の一角は、利益が前年同期比40%近く増加すると予想されている。

 S&P500種は7営業日ぶりに反発し、再び5000台に戻した。
 エヌビディアがけん引役となったナスダック100指数は1%上昇した。

 
posted by まねきねこ at 07:24| 愛知 ☁| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロウズ・コーポレーション(Loews Corporation) ニューヨーク市に本社を置く米国の複合企業 総資産 792億米ドル(2023年)

 ニューヨーク市に本社を置く米国の複合企業(コングロマリット)
 同社の過半数の株式には、CNA Financial Corporation、Boardwalk Pipeline Partners、Loews Hotels、Altium Packaging が含まれている。
 長期的な視点を持つバリュー投資家としての地位を確立しており、近年、ロウズは自社株買いにも多額の資本を割り当てている。
 2012年12月31日に終了した 3 年間で、ロウズは株式の買い戻しに13億ドルを費やした。
 1971年から2020年にかけて、同社は発行済み株式を13億株から2億9,100万株に削減した。

 総資産 792億米ドル(2023年)
 就業者数 12,280人(2023年)
 
 ロウズ コーポレーションのルーツは
がニュージャージー州レイクウッドの
   リゾート ホテル
を購入するために 125,000 ドルを投資するよう両親を説得した1946 年に遡る。

 ローレンスの弟ロバートはその後すぐにこのビジネスに加わった。
 ティッシュ兄弟は利益をホテル事業の拡大に投資し始め、1956 年までに、兄弟はフロリダ州バルハーバーに最初のホテル
   アメリカーナ
を現金 1,700 万ドルで建設できる資金を確保するまでになった。

 1948年の米国対パラマウント映画における画期的な最高裁判所の反トラスト判決を受け
を含むすべての大手映画スタジオは、所有する映画館チェーンの売却を命じられた。

 ティッシュ兄弟は、1959 年に 102 の映画館を全国にチェーン展開する MGM から
   ロウズ シアターズの支配権
を購入した。
 この買収によって現在のロウズ コーポレーションの基礎を形成し、同社は同年ニューヨーク証券取引所に上場した。

 1960 年の夏までに、兄弟は会社の経営権を掌握して、兄弟は共同会長になった。
 ただ、映画館は老朽化が進んでおり、マルチプレックスを期待していた当時の映画鑑賞の傾向には適していなかった。
 しかし、劇場は非常に貴重な市の所有地にあったため、ティッシュ兄弟はこれらの劇場の多くを閉鎖および取り壊し始めて空き地を開発業者に売却した。
 これにより、ハリウッド黄金時代の古典的な映画の興行スタイルがの終焉が早まった。

 資金を得た兄弟はすぐにロウズの事業を多角化し、1960年代から 1970年代にかけてさまざまな分野への進出に成功した。
 ロウズは、1968年にロリラード タバコ カンパニー、1974年にCNAフィナンシャル、1979年にブローバ ウォッチ カンパニーを買収した。
 これらの買収を通じて、ロウズの収益は 1970年の1億ドルから 10年後には30億ドル以上に増加した。

 映画劇場への投資はロウズとして運営されている間、ロウズのブラン​​ド名で運営が継続された劇場事業をロウズは1985年に売却して資金を回収た。

 ローレンス・ティッシュは、 1980年代にロウズを通じて米国のマスメディアで
   テレビおよびラジオ放送局CBS
のかなりの部分を一時的に所有しCBS の会長として、彼は深夜番組の司会者
   デイビッド・レターマン
をNBCからネットワークに迎え入れる契約も承認した。
 なお、ロウズの CBS への関与は 1995年に終了し、CBS を54億ドルで
   ウェスチングハウス エレクトリック コーポレーション
に売却した。

 過去 20 年間で、ロウズはエネルギー事業への多角化をさらに進め、 1989年に、同社は
   Diamond M Drilling
を買収した。
 この子会社は 1992年に
   ODECO
を買収し、39 基の石油掘削装置を追加している。

 この1 年後、統合された事業は
   ダイヤモンド オフショア
に社名が変更された。
 1995 年に株式を公開したこの運営子会社ダイヤモンド オフショアは、世界中のエネルギー業界に契約掘削サービスを提供している。

 2003 年にロウズは
   テキサス ガス トランスミッション
を買収し、その 1 年後に
   ガルフ サウス パイプライン カンパニー
を買収した。

 これら 2 社を
   ボードウォーク パイプライン パートナーズ
という新しい組織に統合して2005 年に株式を公開している。

 2003年2月13日、ロウズは、CNA の過去の会計処理の調整を反映するために、2001年12月31日終了年度から 2000 年までの財務諸表および 2002 年の最初の 3 四半期の中間財務諸表を再表示しました。

 中流マスター リミテッド パートナーシップ (MLP) として構成されたボードウォーク パイプラインは、顧客に
   天然ガスと液体の輸送、保管、収集、処理
を提供している。

 2006 年 5 月 10 日、ロウズ コーポレーションは
   カロライナ グループ
の株式 1,500 万株を公募により売り出した。
 その収益(7億4000万ドル)は一般的な企業目的に使用されると発表した。

 2006 年に、ジョナサン ティッシュとアンドリュー ティッシュが取締役会の共同会長に選出された。

 ロウズ コーポレーションは 2007 年に
   ブローバ
をシチズン ウォッチに売却するまで、ブローバの親会社であった。

 2007年6月4日、ロウズ コーポレーションは
   ドミニオン リソーシズ
の事業の一部を40億3000万ドルで買収すると発表した。

 ロウズは資産を
   HighMount Exploration & Production(ハイマウント)
にブランド変更した。
 この完全子会社は、天然ガスおよび液体天然ガスの探査と生産に従事している。

 2007年12月17日、ロウズ コーポレーションは
   ロリラード
の全所有権をカロライナ グループ株とロウズ普通株の保有者にスピンオフする計画を発表した。
 
 創業者のローレンス・ティッシュとロバート・ティッシュは1998年まで共同CEOを務め、企業リーダーの世代交代の一環として退任した。
 同年、ジェームス・ティッシュが社長兼最高経営責任者(CEO)に任命され、ジェームス・ティッシュ、アンドリュー・ティッシュ、ジョナサン・ティッシュの3人のメンバーで社長室が創設された。

 2014年5月23日、ロウズはハイマウントが事業売却の可能性を含む戦略的代替案を追求していると発表した。
 ハイマウントは同年後半に未公開株会社
   エナーベスト
に売却した。

 ロウズ(Loews Corporation)の現在の取締役会メンバーは、Ann E. Berman、Joseph L. Bower、Charles D. Davidson、Charles M. Diker、Paul J. Fribourg、Walter L. Harris、Philip A. Laskawy、Susan P.ピーターズ、アンソニー・ウェルターズ、アンドリュー・H・ティッシュ、ジェームス・S・ティッシュ、ジョナサン・M・ティッシュ。



  
posted by まねきねこ at 06:12| 愛知 ☁| Comment(0) | よもやまばなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

TikTokが米国側との協議を主導した法務顧問を解任

 中国発の動画共有アプリ「TikTok(ティックトック)」の事業体は、米国の法務顧問エリック・アンダーセン氏を解任する準備をしていることが、この事情に詳しい関係者がメディアの取材で明らかにした。

 同氏はTikTokおよび中国の親会社である
   字節跳動(バイトダンス)
の米国を拠点とする法務顧問として、中国政府とのつながりを懸念する米国側との協議を担当し、国家安全保障上の懸念払しょくを図ってきた。

 TikTokが、米国人ユーザーのデータに中国からアクセスされたり、ユーザーのフィードに表示される内容に影響を与えたりするのを防ぐ十分な措置を講じていることを示すため、米政府との数年にわたる協議を主導したのがアンダーセン氏の役割だった。

 ただ、こうした取り組みもアプリのセキュリティー審査をしている省庁をまたぐ政府委員会を納得させることができず、米連邦議員らの理解も得られなかった。
 
 米国議会下院は20日、バイトダンスにTikTokの米事業売却を義務付ける法案を可決し、事実上のTikTok禁止に近づいた。

  非公開情報だとして匿名を条件にメディアの取材で語った関係者によれば、TikTokはアンダーセン氏を現在の職務から外す計画という。
 同氏は問い合わせに対しては、TikTokのコミュニケーションチームに尋ねるよう求めたという。

 なお、アンダーセン氏は2020年にマイクロソフトからTikTok入りした。

   
posted by まねきねこ at 03:00| 愛知 🌁| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年04月22日

ウォーターフォール資産管理 (Waterfall Asset Management  Waterfall) オルタナティブ投資管理会社 資産担保証券(ABS)を中心とした信用構造商品への投資に重点を置いて運用 運用資産 125億米ドル(2023年7月)

    (Waterfall Asset Management (Waterfall)
 ニューヨーク市に本社を置く米国のオルタナティブ投資管理会社
 同社は、主に高利回りの
   資産担保証券(ABS)
を中心とした信用構造商品への投資に重点を置いて運用している。
 また、不動産やプライベートエクイティへの投資も行っている。

 運用資産 125億米ドル(2023年7月)
 就業者数 183人 (2023年) 

 1980年代半ばから 1990年代初頭にかけて創業者の
   トム カパス氏
   ジャック ロス氏
は大手金融機関メリル・リンチで一緒に働き、そこで ABS グループを共同設立した。

 ロス氏はドレクセル・バーナム・ランバートに在籍していた1985年に初の
   自動車ローンの証券化
に取り組み、カパス氏は1980年代後半にメリルリンチ向けに初の
   サブプライムローン担保証券
の一部を作成した。

 その後、ロスが独自のブローカー・ディーラー会社
   ライセント・キャピタル
を設立し、カパスは主要金融グループを管理する
に移籍するなど、それぞれの道を歩み始めた。

 2004年後半、ロスはカパッセに電話して、自分たちの会社
   ウォーターフォール アセット マネジメント
を設立するというアイデアを持ちかけ、彼らは、高級資産管理会社
   MD Sass
と連携し、住宅ローンとホームエクイティ ABS を対象とした最初のファンド
   ウォーターフォール エデン ファンド
を立ち上げた。

 この間、ABS 取引は公開取引されるようになり、2007 年までに私募が証券化市場に取って代わられた。
 サブプライム住宅ローン危機が発生したとき、カパスとロスが新しい方法で私募取引を構築できた。
 このため、ウォーターフォールはその利点を活用することができた。

 ウォーターフォールは、同業他社ではほとんど利用されていなかった
   住宅ローンの元本削減
を利用した。
 ウォーターフォールにとって最良の機会は、かつてはAAA の信用格付けを持っていたが、その後に
   ジャンクステータス
に格下げされた ABS 証券に見出された。

 2012年までに、ウォーターフォールは
   不良一戸建て住宅ローン
の大口買い手として知られるようになった。
 その取り組みを支援するために、ベンチャー企業をColdwell Banker Commercial と協力して
を設立して、ウォーターフォールが
   不良商業用不動産資産
を購入し、ベンチャー企業はその不動産を売却してリースした。
 リース契約の面積は10万平方フィート未満、売上高は1000万ドル以下というものだった。

 ウォーターフォールは伝統的なヘッジファンドの構造から離れて、より資産管理会社に近いものになった。
 管理するヘッジファンドとは別に、個別に管理されるアカウントビジネスやプライベートエクイティも扱っていた。
 より幅広い商品を提供して、
   年金基金や退職金制度
からの資金をを集めることが可能となった。

 2013年、中小規模の商業ローンを取り扱う不動産金融会社
   レディ キャピタル
がウォーターフォールによってプライベート ファンドの 1 つ
   を商業用住宅ローンREIT
に転換、ティッカー「RC」でニューヨーク証券取引所に上場設立された。
 現在、ウォーターフォールは外部マネージャーとなっている。

 2013年7月、Dyal Capitalは、投資ファンドに投資するMD SassとMacquarie Groupの合弁会社
からウォーターフォールの少数株主権を取得した。

 2018年11月、ウォーターフォールはジャンボ・ リバース・モーゲージ債(5億7,180万ドル)を発行した。
 これは2007年から2008年の金融危機以来、この種の債券としては初の発行となった。

 2020年8月、ナビゲーター・グローバル・インベストメンツ(NGI)は
のウォーターフォール株を購入することに合意した。
 なお、この取引は2部構成で行われ、第2部は2025年以降にNGIがDyal Capitalの残りの権益を購入することになる。

 2020年11月、ウォーターフォールは英国の投資信託会社
   オルタナティブ・クレジット・インベストメンツ
を現金6億3,900万ポンドで買収することに合意した。

    
posted by まねきねこ at 15:00| 愛知 ☁| Comment(0) | よもやまばなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ガザ地区病院中庭から密葬されたイスラエル軍による拷問や虐待の痕跡がある遺体が少なくとも50体」 が発見されたようだ。

 AFP通信は21日(現地時間)、ガザ地区南部最大の都市ハーン・ユーニスにある大型病院の中庭から埋葬された遺体が数多く見つかったと報じた。
 メディアによると、ガザ地区民防衛局は20日からハーン・ユーニスのナセル病院団地内の中庭から密葬された遺体を少なくとも50体探し出したと発表したと伝えた。

 防衛局報道官は遺体発掘のことを伝えながら「すべての集団埋葬地を掘り返してはじめて最終殉教者の数を確認することができる」と話し、「一部の遺体は衣服を脱がされた状態で埋蔵された」と指摘し「これは彼らが拷問と虐待を受けたことを確実に見せている」と強調した。

 当時イスラエル国防軍首席報道官の
   ダニエル・ハガリ氏(少将)
は「ハマスがナセル病院に人質を捉え、(病院には)死亡した人質の遺体があるという、信じるだけの情報がある」と主張し「これに伴い、病院内部で精密かつ制限的な作戦を展開している」と言及していた。
 イスラエル軍事作戦によって医療陣や患者が強制避難し、国連は病院運営に支障が生じたとして懸念を示していた。
 ハマス掃討のためにハーン・ユーニスで作戦を実行していたイスラエル国防軍は7日、ガザ南部から兵力を撤収させた。


ひとこと
 民族浄化を目的とした焦土化作戦が行われたガザ地区の戦闘では、第二次世界大戦における連合軍によるドイツや日本将兵に対する捕虜の無差別処刑が繰り返し行われ、一般市民への攻撃や原爆投下など当時のジュネーブ条約違反とも言える行為が繰り返し行われたと同じような事が起きているようだ。

   
posted by まねきねこ at 09:06| 愛知 🌁| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米国議会下院がウクライナ支援法案を可決

 米国議会下院は20日、ウクライナに610億ドル(約9兆4300億円)相当の支援を新たに行う法案を可決した。
 ロシアの侵略に抵抗するウクライナの兵器備蓄が縮小する中で、6カ月に及んだ政治的な行き詰まりがようやく打開された。

 共和党のジョンソン下院議長は、民主党議員と協力し、共和党内からのウクライナへの資金援助に対する強い反対を押し切り、最終的に311対112の超党派の賛成多数で法案を可決した。

 同議長は採決後に 「われわれはここで仕事をした。歴史がわれわれを評価するだろう」と語った。

 上院は同法案を可決する予定だ。
 民主党のシューマー上院院内総務は声明で、民主、共和両党は23日に手続き上の投票から始めることで合意したと明らかにした。

 今回の採決は、共和党の国防強硬派がトランプ前大統領を支持する孤立主義派に勝利したことを意味するが、それでも、ウクライナへの追加援助に反対票を投じた共和党議員は賛成した議員よりも上回った。

 ウクライナのゼレンスキー大統領はX(旧ツイッター)への投稿で謝意を表明した。
 ただ、ロシアの大統領報道官は追加支援を非難した。

 下院では20日、中国の台湾侵略阻止を目的とした80億ドルの支援パッケージも可決した。

 中国の字節跳動(バイトダンス)に動画共有アプリ「TikTok(ティックトック)」の米事業売却を義務付ける法案も承認した。
 バイトダンスが売却しない場合、TikTokは米国で禁止される。
 下院は3月に可決していた同様の法案を修正。売却期間を6カ月から約1年以内に変更した。

 ウクライナを支援するため、ロシアが保有するドル資産の没収も認められた。
 ロシアのタス通信によれば、ロシアは自国の資産没収に対して報復するとプーチン大統領のペスコフ報道官が述べた。

 上院は統合された法案の採決を23日に始める方針だ。
 610億ドルのウクライナ支援法案には、すでにウクライナに供与された武器への米備蓄補充130億ドルと、ウクライナ向けの米防衛システムに充てる140億ドルが含まれている。
 
 また、同地域での米軍の活動費として70億ドルが計上された。

 経済分野のウクライナ支援95億ドルは融資となるが、大統領が次の選挙後に全額免除可能という。
 なお、この融資案はトランプ氏が提案した。

 台湾支援法案には、台湾のための対外軍事資金20億ドルと、台湾に提供される物資やサービスを賄う米国の武器在庫補充19億ドルが含まれている。
 また、潜水艦のインフラ整備に33億ドルが充てられる。

 イスラエル支援法案は366対58で可決された。
 ミサイル防衛に40億ドルが供与されるほか、民主党の主張により、グローバル人道支援としてパレスチナ自治区ガザでの使用を含め90億ドルが提供される。

   
posted by まねきねこ at 08:48| 愛知 🌁| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イラン最高指導者 低い命中率は重要でないと述べ、対イスラエル攻撃を称賛

 イランの最高指導者ハメネイ師は、同国による1週間前の対イスラエル報復攻撃を称賛した。
 ただ、標的への命中率が低かったことは重要ではないとし、これを一蹴した。

 ハメネイ師は21日、軍上級司令官の会合で「発射された、あるいは標的に命中したミサイルの数は、相手側の焦点となっているが、二の次かつ取るに足りない問題だ」と発言した。
 なお、イスラエルによる19日の攻撃については言及しなかった。

 イスラエルとイラン間の軍事攻撃がエスカレートしたことで、同地域での全面戦争を巡る懸念が高まっている。

 イスラエル当局者によれば、先週末にイランが発射したミサイルと無人機の大半はイスラエルの防空システムによって迎撃され、被害は限定的で死者も出なかったが、イランの国営メディアは同襲撃について、イスラエル国内の空軍基地を含む標的に「大打撃」を与えたと報じた。

 ハメネイ師はまた、ソーシャルメディアX(旧ツイッター)への投稿で、イランの対イスラエル作戦を「トゥルー・プロミス(真の約束)」と呼び、「能力と力の良いイメージ」を示すとともに「イランに関する偉大さおよび壮大さの感覚」を生み出したと述べた。

 
ひとこと
 有事の状態がイスラエルのネタニアフの政権維持には必要であり、平和や人質開放などはネタに逢ふ政権に対するイスラエル国民の反発が再燃し、汚職に塗れたネタニア付自身の逮捕に繋がりかねず、戦域拡大を目論むものの、宗教政党への特権問題が軍部でも問題視され始めており、限定的な戦闘継続がネタニアフの政治生命を伸ばす状況tも言える。
 イランが軍事的対立を高めなければ逆にネタニアフにとっては逆風が強まることになるだろう。
 
 
posted by まねきねこ at 08:00| 愛知 🌁| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゼレンスキー大統領 米国の軍事支援はウクライナに主導権奪還の手段を与える

 ウクライナのゼレンスキー大統領は21日、米国による新たな支援はウクライナにロシアの侵略との戦いで主導権を取り戻す可能性を与えると述べた。

 米下院は20日、ウクライナに610億ドル(約9兆4300億円)相当の支援を新たに行う法案を可決した。
 上院は同法案を可決する予定だ。

 ゼレンスキー氏はNBCの番組で通訳を介して「この支援はウクライナ軍を間違いなく強くするだろう」と発言し「われわれは主導権を失った」とした上で、「今こそ状況を安定させ、主導権を奪うチャンスがある」と続けた。

 ロシアの標的を長距離攻撃する能力と、ウクライナの防空強化が現時点での最優先事項だと指摘したうえ「ウクライナが兵器システムを実際に入手すれば、勝利のチャンスはある。同システムはわれわれが大いに必要としているものであり、何千人もの兵士が非常に必要としているものだ」と述べた。

   
posted by まねきねこ at 07:28| 愛知 🌁| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする