当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ブログでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。

マーケット出来事貴金属とレアメタル宝石と宝飾品貴金属の取引方法貴金属取扱会社

2024年07月24日

タタ・スチール(Tata Steel Limited) インドの多国籍 鉄鋼会社

     (Tata Steel Limited)
 タタ・スチール・リミテッドは、インドの多国籍 鉄鋼会社で以前はタタ鉄鋼株式会社(TISCo)と言われた。 ジャールカンド州ジャムシェドプルに本社を置き、マハラシュトラ州ムンバイに本社を置いている。
 タタ・グループの一員である。

 収益 230,980億ルピー( 280億米ドル)(2024年)
 営業利益 6,667億ルピー( 8億ドル)(2024年)
 総資産 273,424億ルピー( 330億米ドル)(2024年)
 総資本 92,433億ルピー( 110億米ドル)(2024年)
 就業者数 78,321人(2024年)

 親会社
  タタグループ
 子会社
  タタ・スチール BSL
  タタ・スチール UK
  タタ・スチール オランダ
  タタ・スチール タイ タタ・
  スチール・ロング・プロダクツ タタ・ティン
  プレート タヨ
  ロールズ ジャム
  シェドプル FC

 タタ・スチールは、以前はタタ鉄鋼会社(TISCO )として知られ、世界最大級の鉄鋼生産会社(年間粗鋼生産能力は3,500万トン)である。
 世界で最も地理的に多様な鉄鋼生産者であり、世界中で事業を展開している。
 グループ(SEA事業を除く)は、2023年3月31日までの会計年度で310億米ドルの連結売上高を記録した。
 インド最大の鉄鋼会社(国内生産量ベース)であり、年間生産能力は2,160万トンで、インド鉄鋼公社(SAIL)に次ぐ規模である。
 タタ・スチール、SAIL、ジンダル・スチール・アンド・パワーは、独自の鉄鉱石鉱山を所有している唯一のインドの鉄鋼会社であり、これにより3社は価格面で優位に立っている。

 タタ・スチールはインド、オランダ、イギリスを主要拠点として26カ国で事業を展開している。
 最大の工場(年間生産能力1000万トン)はジャールカンド州ジャムシェドプルにある。
 2007年、タタ・スチールはイギリスを拠点とする鉄鋼メーカー
   コーラス
を買収した。
 2014年フォーチュン・グローバル500の世界大企業ランキングでは486位にランクインした。
 ブランド・ファイナンスによると、2013年の最も価値のあるインドブランド第7位だった。

 タタ鉄鋼会社(TISCO)は1907年8月26日に
   サー・ドラブジ・タタ
によって設立され
   ジャムシェトジー・ヌセルワンジー・タタ
によって1911年に銑鉄の生産を開始した。
 1912年にはジャムシェトジーのタタ・グループの支社として鉄鋼の生産を開始した。
 ]最初の鋼塊は1912年2月16日に製造され、第一次世界大戦(1914年 - 1918年)の間、同社は急速な進歩を遂げた。

 1920年、タタ鉄鋼会社はブリキ製造のため、当時の
   バーマ・シェル社
との合弁会社として、
   ティンプレート・カンパニー・オブ・インディア社(TCIL)
を設立した。なお、TCILは現在タタ・ティンプレート社となり、インドで70%の市場シェアを占めている。
 1939年までに、同社は大英帝国最大の製鉄所を運営していた。
 同社は1951年に大規模な近代化と拡張計画を開始した後、1958年に、この計画は年間200万トン(MTPA)のプロジェクトにアップグレードされた。
 1970年までに、同社はジャムシェドプルで約4万人を雇用し、さらに近隣の炭鉱で2万人を雇用した。

 2021年11月、タタ・スチールはタタ・グループの中で最も収益性の高い企業となった。
 2019年7月、タタ・スチール・カリンガナガル(TSK)は世界経済フォーラム(WEF)のグローバル・ライトハウス・ネットワークのリストに含まれた。

 タタ・スチール・リミテッド・インディアの主要管理職(KMP)は、CFO(KMP)のクーシク・チャタジーと会社秘書のパルヴァティーサム・カンチナダムです。クーシク・チャタジー、マリカ・スリニヴァサン、チャンドラセカラン・ナタラジャン、その他7名が現在取締役を務めている。
 タタ・スチールの国有化の試みは2度あり、1971年と1979年の2度であったが、どちらも失敗に終わった。
 1971年、インディラ・ガンディー首相は同社の国有化を試みたが失敗した。
 1979年、モラージ・デサイ首相は、ジョージ・フェルナンデス産業大臣とビジュ・パトナイク鉄鋼・鉱山・石炭大臣の刺激を受けて、TISCO(現在のタタ・スチール)の国有化を望んだ。
 しかし、労働組合の抗議により、そのような国有化の試みは阻止された。

 1990年に同社は事業を拡大し、ニューヨークに子会社タタ社を設立した。
 同社は2005年にTISCOからタタ・スチール社に社名を変更した。

 タタ・スチールは、 1912年以来の8時間労働、1915年以来の無料医療、1917年以来の従業員の子供のための学校施設、1920年以来の有給休暇、 1920年の積立基金と事故補償の設立、 1921年以来の職業訓練、 1928年以来の出産手当、1934年以来の利益分配ボーナス、1937年以来の退職金など、さまざまな労働福祉給付を提供した最初のインド企業の一つである。

 2004年のナットスチール:タタスチールはシンガポールに拠点を置く
   ナットスチール
の製鉄事業を現金4億8640万ドルで買収することに合意した。
 ナットスチールは2003年末に売上高14億ドル、税引前利益4700万ドルを計上した。
 ナットスチールの鉄鋼事業は、ナットスチールアジア社という完全子会社を通じて同社が運営することになった。
 買収は2005年2月に完了した。
 買収当時、ナットスチールの完成鋼生産能力は年間約200万トンであった。

 2005年、ミレニアム・スチールはタイに拠点を置く鉄鋼メーカー
   ミレニアム・スチールの
過半数の株式を総額1億3000万ドルで買収した。
 同社はサイアム・セメントに40%の株式を7300万ドルで支払い、他の株主の株式25%を1株当たり1.13バーツで取得することを提案した。 ミレニアム・スチールは現在、タタ・スチール・タイランドに社名を変更し、バンコクに本社を置いている。
 2013年3月31日時点で、同社は買収した会社の株式の約68%を保有していた。

 2006年のコーラス:タタ・スチールは英蘭企業コーラスと、1株当たり455ペンス、43億ポンド(81億ドル)で100%の株式を購入する契約を締結した。
 2006年11月19日、ブラジルの鉄鋼会社Companhia Siderúrgica Nacional(CSN)は、コーラスに対して1株当たり475ペンスで対抗提案を行い、その価値を45億ポンドとした。
 2006年12月11日、タタは先手を打って提案額を1株当たり500ペンスに引き上げた。
 ただ、数時間後にはCSNの1株当たり515ペンスの提案がこれを上回り、取引の価値は49億ポンドとなった。
 コーラスの取締役会は、修正された提案の両方を直ちに株主に推奨した。
 2007年1月31日、タタ・スチールは1株あたり608ペンスの提示でコーラスの買収に成功した。
 なお、コーラスの価値は67億ポンド(120億ドル)と評価された。
 2005年、コーラスは世界中で約47,300人を雇用し、そのうち24,000人は英国人だった。
 買収当時、コーラスは年間鉄鋼生産量でタタ・スチールの4倍の規模だった。
 コーラスは世界第9位の鉄鋼メーカーだったが、タタ・スチールは第56位だった。
 この買収により、タタ・スチールは世界第5位の鉄鋼メーカーに躍進した。

 2008年に設立されたタヨロールズ(旧タタ・ヨドガワ・リミテッド)は、インドのジャムシェドプルに本社を置く金属加工会社。
 1968年にタタ・スチールと日本の
   淀川製鋼
の合弁会社として設立された。
 2008年に同社は新株予約権を発行したが、その応募額は総額の約50%にあたる6億ルピーに過ぎなかった。
 応募数が少なかったため、プロモーターが買収し、その結果、タヨロールズはタタ・スチールの子会社となった。
 タタ・スチールはタヨロールズの55.24%を所有している。

 2007年のスチールエンジニアリングとヴィナウスティール:タタスチールは、シンガポールの完全子会社であるナットスチールアジア社を通じて、ベトナムにある2つの圧延会社、ストラクチャースチールエンジニアリング社(100%の株式)とヴィナウスティール社(70%の株式)の支配権を取得した。
 買収の企業価値は4100万ドルであった。
 この買収により、タタスチールは2つの圧延工場、SSEスチール社が運営する年間25万トンの棒鋼/線材工場と、ヴィナウスティール社が運営する年間18万トンの鉄筋工場を手に入れた。

 2018年のブーシャン・スチール:タタ・スチールは、2017年7月26日にIBCに基づき同社に対する破産手続きが開始された際に、2017年から2018年にかけて同社全体を買収した。
 タタ・スチールは最高入札者となり、完全子会社のバンニパル・スチール社を通じて同社を買収した。
 同社はタタ・スチールBSLに改名された。2021年後半、タタ・スチールはバンニパル・スチール社とタタ・スチールBSLを合併し、後者はタタ・スチールの直接の子会社(72.65%)となった。

 2019年にタタ・スチール・リミテッドの子会社
   タタ・スポンジ・アイアン・リミテッド
は、2019年にウシャ・マーティン・リミテッドの鉄鋼事業を4,094億ルピーで買収した。
 この買収には、合金ベースの条鋼製品を生産するジャムシェドプルのUMLの1.0 MnTPA特殊鋼工場、稼働中の鉄鉱石鉱山、開発中の石炭鉱山、および自家発電所が含まれていた。

 2022年にタタ・スチールは、完全子会社のタタ・スチール・ロング・プロダクツ(TSLP)を通じて、NINLの支配株を取得した。
 同社はジンダル・スチールとJSWスチールに勝ち、オリッサ州に拠点を置く
   ニーラチャル・イスパット・ニガム(NINL)
を12,100クローレ( 14億米ドル)で買収した。 


 2006年、タタ・スチールとブルースコープ・スチールは、プレエンジニアリングされた鉄鋼製品の製造のための合弁会社、タタ・ブルースコープ・スチール社を設立した。

 2014年、タタ・スチールは
   日本製鉄
との合弁会社ジャムシェドプール連続焼鈍加工会社(JCAPCPL)を設立し、自動車産業向けの連続焼鈍製品を生産した。
 この工場は60万トンの生産能力を持ち、2,750クローレの投資で設立された。
 なお、タタ・スチールは合弁会社の51%を保有していた。

 2022年、タタグループはグループ内の7つの金属会社をタタ・スチールに統合した。
 タタ・スチールと合併するタタ・グループの7つの金属会社は、タタ・スチール・ロング・プロダクツ・リミテッド(TSLP)、ザ・ティンプレート・カンパニー・オブ・インディア・リミテッド(TCIL)、タタ・メタリクス・リミテッド(TML)、TRFリミテッド、ザ・インディアン・スチール・アンド・ワイヤー・プロダクツ・リミテッド(ISWPL)、タタ・スチール・マイニング・リミテッド(TSML)、S&Tマイニング・カンパニー・リミテッドである。

 タタ・スチールはタタ・フットボール・アカデミー、TSAFクライミング・アカデミー、タタ・アーチェリー・アカデミー、ジャムシェドプル海軍タタ・ホッケー・アカデミー、オリッサ海軍タタ・ホッケー・ハイパフォーマンス・センターの設立に関わってきた。

 タタ・スチールはインドのマハラシュトラ州ムンバイに本社を置き、西ベンガル州コルカタのタタ・センターにマーケティング本部を置いています。インド、マレーシア、ベトナム、タイ、アラブ首長国連邦、コートジボワール、モザンビーク、南アフリカ、オーストラリア、イギリス、オランダ、フランス、カナダを含む26か国で製造事業を展開し、約50か国で事業を展開している。

 タタ・スチールは主に自動車、建設、消費財、エンジニアリング、包装、荷役・掘削、エネルギー・電力、航空宇宙、造船、鉄道、防衛・安全保障分野の顧客にサービスを提供している。

 2007年のタタ・スチールによるコーラス買収以来、タタ・スチールのヨーロッパ部門は、市場の供給過剰、労働組合、中国の鉄鋼メーカーからの安価な輸入品、脱炭素化(グリーン税)を求める規制当局からの圧力などの問題に直面し、タタ・スチールはヨーロッパでの事業統合を余儀なくされた。

 2015年、タタ・スチールはポート・タルボット、ハートリプール、ロザラム、ストックスブリッジの施設の売却を検討していた。
 しかし、イギリスの欧州連合離脱いわゆるブレグジットにより保留となった。
 2016年4月、イギリスのスカンソープにあるタタ・スチールのロング・プロダクツ・ヨーロッパ部門がグレイブル・キャピタルLLPに売却された。
 なお、この部門はブリティッシュ・スチール・リミテッドに改名された。
 2017年2月、同社はスペシャルティ部門を
   リバティハウスグループ
に売却することを決定した。

 2017年9月、ドイツの
   ティッセンクルップ
とタタ・スチールは、欧州の鉄鋼事業を統合する計画を発表した。
 この取引により、欧州の資産は、対等な合弁会社であるティッセンクルップ・タタ・スチールとして構成される。
 発表では、同社は欧州第2位の鉄鋼メーカーになると予想され、将来の本社はアムステルダムに置かれるとされている。
 しかし、2019年にEUの独占禁止法規制当局は、競争の低下を理由に取引の受理を拒否した。
 2019年にタタ・スチールは、英国にある非中核事業部門の一部を売却することを決定した。

 2020年6月、同社は英国政府に
   5億ポンドの支援を
要請した。7月後半、メディア各社は、同社が9億ポンドの資本注入と引き換えに
   ポート・タルボット製鉄所
の株式の50%を英国政府に譲渡することを提案したと報じた。

 2020年11月、スウェーデンのSSABは、オランダのエイマイデンにあるタタ・スチールの事業部を買収する意向を発表した。
 しかし、2021年にSSABは取引に伴う技術的およびコスト上の問題を理由に撤退した。

 2021年10月、タタ・スチール・ヨーロッパは正式に事業を2つの独立した会社であるタタ・スチール・ネザーランドとタタ・スチールUKに分割した。

 2022年4月、タタ・スチールは、ロシアのウクライナ侵攻により欧州諸国がロシアとの取引を停止したことを受けて、英国とオランダの鉄鋼生産工場向けの石炭の代替供給源を見つける必要があると発表した。

 2019年1月、タタ・スチールは債務問題と継続的な損失を理由に、東南アジア事業(ナットスチールとタタ・スチール・タイランド)の株式70%を中国の国営
   HBISグループ
に3億2700万ドルで売却することを決定した。
 しかし、規制上の問題を理由に取引は成立しなかった。

 2019年後半、タタグループは、プライベートエクイティ会社である
   シナジーメタルズアンドマイニングファンド
と、タタスチール(タイランド)パブリックカンパニーリミテッド(ナットスチールを除く)の株式70%の売却に関する覚書を締結した。

 2021年、タタ・スチールは、総負債の削減やキャッシュフローの増加など、財務状況の改善を理由に、東南アジア事業の売却を見送ることを決定した。こ
 れは、タタ・スチールが東南アジアの資産を「売却目的保有」から「継続事業」に再分類した規制当局への提出書類を通じて確認された。

 2021年10月、タタ・スチールは子会社のナットスチール・ホールディングスをシンガポールに拠点を置く鉄鋼・鉄鉱石取引会社
   トップティップ・ホールディングス
に売却すると発表した。
 取引額は1億7,200万ドル(1,275億ルピー)だった。
 なお、この取引にはタイのワイヤー事業を除くシンガポールの施設2つとマレーシアの施設1つが含まれていた。

 2023年9月29日現在、タタグループはタタスチールの株式の33.90%を保有している。
 100万人を超える個人株主が同社の株式の約10%を保有している。
 また、インド生命保険公社は同社の株式10.89%を保有する最大の非発起人株主である。
   
    
posted by まねきねこ at 11:00| 愛知 ☀| Comment(0) | よもやまばなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ティファニーNY旗艦店、販売員が競合に流出−LVMH傘下で混乱も

 仏高級ブランドグループ、LVMHモエヘネシー・ルイヴィトン
   ティファニー買収
で世界有数の宝飾品販売大手に躍進したが、取得から3年、業界最高額となる160億ドル(現在のレートで約2兆5100億円)をつぎ込んだ大型買収は、計画通りには進んでいないという。  

 宝飾品業界は減速が鮮明となっており、ティファニー店舗は、野心的な目標を達成できずにいる。
 
 LVMHのベルナール・アルノー会長はブルームバーグ・ビジネスウィーク6月号のインタビューで、ティファニー再建について「すぐには成し遂げられない」と発言したうえ、忍耐が必要だとの考えも示した。

 LVMH傘下でティファニーの売上高は伸びたが、最近退社した従業員の一部は、達成不可能とされる売上高目標を設定していたと明かした。
 
 関係者によれば、従業員は以前より
   低いコミッション
しか受け取れず、そのため一部は上客の一部を連れて高級ブランドの競合リシュモン傘下のカルティエやハリー・ウィンストンなど競合他社に移籍した。

 ティファニーがLVMH傘下の体制へと軌道修正する中で、販売員の流出により混乱が広がっているという。

 ニューヨーク市マンハッタンにあるティファニー旗艦店は、同社の年間売上高の約1割を占める。
 このため、同店舗での目標未達は成長見通しの足かせとなりかねない。 
 ティファニーの広報担当者は声明で、LVMHによる買収以降、ニューヨーク旗艦店の売上高は4倍に増えたと説明した。
 2023年4月のリニューアルオープンから24年5月まで、LVMHの単一ブランド店の中で「最も高い収益を上げている」と続けた。

 LVMHは23年4月、約3億5000万ドルをかけて改装した旗艦店の名称を「ザ・ランドマーク」に変更したが、タイミングが悪い時期に重なった。
 ティファニーの顧客は新型コロナウイルス禍後の消費ブームに乗っていたが、ここにきてインフレが売上高を下押ししている。
 ティファニーはまた、カルティエなど競合勢に市場シェアを奪われている。
 
 調査会社ユーロモニター・インターナショナルの直近データによると、2023年の高級宝飾品ブランド市場におけるティファニーのシェアは前年比で約0.7ポイント低下した。
 一方、カルティエは同期間に市場シェアを4ポイント伸ばしている。

   
posted by まねきねこ at 10:58| 愛知 ☁| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

売りが売りを呼ぶ展開

 S3パートナーズの予測分析担当マネジングディレクター
   イーホリ・ドゥサニウスキー氏
は、19日付の顧客向けリポートで「このセクターでは空売りが継続するだろうが、過去30日間に見られたように、空売りとショートカバーは特定の銘柄に集まるだろう」と分析した。

 クラウドストライクをカバーする複数のアナリストは週末、同社の投資判断と目標株価を引き下げた。
 これがさらなる重しとなり、同社株は22日の市場で売られた。
  
   
posted by まねきねこ at 10:47| 愛知 ☁| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

UPS 決算利益が市場予想を大きく下回った。

 米国宅配大手ユナイテッド・パーセル・サービス(UPS)が23日発表した4−6月(第2四半期)決算は、利益が市場予想を大きく下回った。
 賃金インフレと配送需要の弱含みが響いた。
 この発表を受けて、株価はおよそ15年ぶりの大幅な下げとなっている。

 調整後の1株当たり利益は1.79ドルだった。
 事前の市場予想は1株1.98ドルだった。
 また、売上高も市場予想を下回った。

 
 バークレイズのアナリスト
   ブランドン・オグレンスキー氏
は顧客向けリポートで「今回の予想を下回る決算は、投資家にとって先行きへの自信を提供するものではない」と述べた。


posted by まねきねこ at 10:42| 愛知 ☁| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

利益やガイダンスが市場予想を上回ったとしても、市場はそれ以上のものを期待している可能性

 スタートアップ企業の多くに投資してきた大手投資会社がテーマに祭り上げて、市場の資金を集中させてことで今年に入り米国株の大幅上昇をけん引してきたハイテク大手の株価に対して、にわかに高値警戒感が強まっている。
 足元ではエヌビディアといった銘柄の下落に備える動きが目立ってきた。

 市場データとストラテジストの分析によると、エヌビディアを含むハイテク大手やナスダック100指数が下落した場合にプロテクションを提供するオプションの購入が増えている。
 旺盛な需要から、 エヌビディア株の10%下落に備える1カ月物のプットオプションのコストは、10%上昇を見込むコールオプションと比べて1月以来の高水準にある。

 インタラクティブ・ブローカーズのチーフストラテジスト
   スティーブ・ソスニック氏
は顧客向けリポートで「利益やガイダンスが市場予想を上回ったとしても、市場はそれ以上のものを期待している可能性があり、大きなリスクとなる」と述べた。

  
posted by まねきねこ at 10:39| 愛知 ☁| Comment(0) | よもやまばなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

民主党内の混乱が数週間にわたって続いたが、カマラ候補で結束し反撃の狼煙

 元NBCプロダクションとコメディ部門を統括した重役で民主党の資金集めに携わる
   レスリー・ギルバート・ルーリー氏
は「カマラについて人々がどれほど興奮しているか、私はとても感動している」と語った。
 ただ、民主党内の混乱が数週間にわたって続いたことで、一部献金者の間ではトランプ氏勝利への不安は依然として強いままだ。
 
   
posted by まねきねこ at 10:17| 愛知 ☁| Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

グッゲンハイム パートナーズ LLC(Guggenheim Partners, LLC) 多国籍投資およびアドバイザリー金融サービス会社 運用資産 3,000億ドル

      (Guggenheim Partners, LLC)
 世界的な投資およびアドバイザリー金融サービス会社
 投資銀行業務、資産運用、資本市場サービス、保険サービスに従事している。

 運用資産 3,000億ドル
 就業者数 2,400人
 
 ニューヨークとシカゴに本社を置き、3,100億ドル以上の資産を運用している。
 同社のCEOはマーク・ウォルターである。
 グッゲンハイム・パートナーズは、資産運用、投資銀行業務、資本市場を含むブローカーディーラーサービス全般のサービスを提供している。
 グッゲンハイム・インベストメント・アドバイザーズは、約500億ドルの資産を管理している。

 2009年10月、グッゲンハイムはJPモルガンの元メディア投資銀行部門責任者
   マーク・ヴァン・リス
をシニア・マネージング・ディレクター兼投資銀行部門責任者に、またアポロ・グローバル・マネジメントの元ディレクター兼副会長
   ヘンリー・シルバーマン
を資産運用部門副会長に採用した。
 2013年1月、グッゲンハイムは元ヤフー暫定CEOの
   ロス・レビンソン
をプライベートエクイティ部門グッゲンハイム・デジタル・メディアのCEOに任命した。

 2013年5月と6月には、ゴールドマン・サックス・グループの米国レバレッジド・ファイナンス・キャピタル・マーケット共同責任者
   トム・スタイン氏
と元バークレイズのリテール投資銀行部門責任者で副会長
   アンドリュー・タウシグ 氏
マネージング・ディレクターの
   スペンサー・ハート氏
   マシュー・ピラ氏
   ケン・ハラダ氏
   ライアン・マッシュ氏
も採用して陣容を整えた。

 2013年9月、グッゲンハイム・セキュリティーズは、ベライゾンがボーダフォンの保有する
   ベライゾン・ワイヤレス
の株式45%を1,300億ドルで買収する際の財務顧問に任命された。
 2014年3月、グッゲンハイム証券は、テクノロジー、メディア、通信投資銀行業務を専門とするシニアマネージングディレクターとして
   エリック・マンドル
を採用した。

 グッゲンハイム・パートナーズの投資部門であるグッゲンハイム・パートナーズ・インベストメント・マネジメントは、2010年に顧客から上級役員に融資された5000万ドルを開示しなかったとして、証券取引委員会(SEC)から告発された。
 同社は2015年に告発を解決するために2000万ドルを支払った。
 政府機関はまた、グッゲンハイムのコンプライアンスプログラムが連邦証券法違反を防止していなかったことを発見した。
 SECによると、同社の従業員は顧客のプライベートジェットでの旅行を数十回報告せず、顧客に
   650万ドルの手数料を過剰請求
し、返金にほぼ2年を要した。

 2015年12月17日、同社はメディア資産を、グッゲンハイム社長
   トッド・ボーリー
が率いる投資グループが所有する新しい持ち株会社
   エルドリッジ・インダストリーズ
に分離すると報じられた。
 この投資グループは、メディアビストロ、ビルボード、ハリウッド・レポーター、ディック・クラーク・プロダクションで構成されていた。

 2018年4月、インベスコ社は、以前に発表されていたグッゲンハイム・インベストメンツの上場投資信託(ETF)事業の買収を完了したと発表した。同事業の運用資産は388億ドル(2018年2月28日時点)で、現金12億ドルで買収された。

 2018年10月、グッゲンハイム証券は、 IBMへの340億ドルの売却に関連して
   レッドハット
の主任財務顧問に任命された。
 レッドハットの売却は、当時、史上最大のソフトウェア取引であった。

 2019年9月、ドニーニはグッゲンハイム・パートナーズの最高執行責任者を兼任し、マネージング・パートナーの
   アンドリュー・ローゼンフィールド
が社長に任命された。
 また、2019年9月、グッゲンハイムは元米国副検事で証券取引委員会執行部長の
   ロバート・S・クザミ
をマネージング・パートナー兼最高法務責任者として採用した。
 民間部門では、クザミは
   カークランド・アンド・エリス法律事務所
のパートナーであり、ドイツ銀行でアメリカ大陸担当法務顧問などを務めた。
 
 2009年5月、グッゲンハイム パートナーズは金融サービス会社
   トランスペアレント バリューLLC
の経営権を取得した。
 2009年7月、上場投資信託と投資信託で知られる
   クレイモア グループ
を買収した。

 2009年12月、グッゲンハイムはウェルマークの一部門を買収し
   グッゲンハイム ライフ & アニュイティ
に改名した。
 2010年2月、グッゲンハイム パートナーズはライデックス ファンズの親会社
   セキュリティ ベネフィット コーポレーション
を買収した。
 2011年10月、グッゲンハイムはFBL ファイナンシャル グループから生命保険会社
   エクイトラスト
を買収した。
 2012年、グッゲンハイムの関連会社はカナダの保険会社
   インダストリアル アライアンス
とサン ライフ ファイナンシャルの米国年金事業を買収した。

 2014年7月、グッゲンハイムは東京に代表事務所を開設した。
 坂井厚人氏をシニアマネージングディレクター兼グッゲンハイムの日本代表として採用すると発表した。 
 また、2014年に同社はラザード・キャピタル・マーケッツのロンドン事業を買収した。

 グッゲンハイム証券は、2019年7月にシカゴで投資銀行業務を拡大し、ウィリアム・ブレアのテクノロジーグループから
   ジェームズ・サプレナント氏
   スコット・スティーブンス氏
の2人のシニアバンカーを採用した。

 同年の9月、グッゲンハイムはアメリカン・ミュージック・アワードやゴールデングローブ賞などの特別番組やその他のテレビ番組を制作するエンターテイメント制作会社
   ディック・クラーク・プロダクションズ
の株式を買収した。
 2013年1月、同社はB2Bメディア企業プロメテウス・グローバル・メディアの残りの株式を買収した。
 また、同年11月にはカードキャッシュを買収した。
 2014年2月、グッゲンハイム・パートナーズはWNBAのロサンゼルス・スパークスを買収した。

 2021年11月、グッゲンハイム・インベストメンツは、俳優の
   チャニング・テイタム
や投資会社エンデバーと共同で、ロサンゼルスを拠点とするブランクチェック会社
   ブライト・ライツ
とマンスケープドの10億ドル規模の合併計画を支援することに合意したと報じられた。

    
posted by まねきねこ at 08:28| 愛知 ☁| Comment(0) | よもやまばなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

社会不安やテロの危険性からバングラデシュへの渡航中止を米国務省が勧告

 米国務省は20日、バングラデシュへの渡航勧告を「レベル4(渡航中止)」に引き上げた。
 社会不安や犯罪、テロの危険性を挙げている。
 バングラデシュでは
   公務員採用の特別枠
を巡る学生と治安部隊の衝突が激化し、全国でインターネットがつながらない状態となっている。

 バングラデシュのハシナ首相は、21日から予定していた外遊を取りやめた。
 AFP通信が報道官を引用して伝えたところによると、「現在の情勢を踏まえ」スペインとブラジルの訪問予定を中止した。
 当局は20日に外出禁止令を再発動しており、22日までの2日間の公休日を宣言し、政府機関と民間企業のオフィスは実質的に閉鎖される。

 日本の外務省も21日、バングラデシュ全土の危険情報を不要不急の渡航を控えるよう求める「レベル2」に引き上げた。

 バングラデシュ政府は軍の投入やインターネット遮断など
   沈静化の措置を
強化している。
 ネット遮断はATMやモバイル決済企業に影響を及ぼしており、社会が大混乱しかねない。
 AFPによると、今週の衝突で少なくとも123人が死亡した。
 警察や病院が報告した死傷者数を集計して伝えた。

 バングラデシュ政府は、減少する外貨準備の拡充を図るため債権者と国際通貨基金(IMF)の資金支援を取り付けようとしており、今回の抗議デモ激化は同国経済にとって極めて重要な時期と重なった。
 バングラデシュ政府は軍の鎮圧措置に伴う死者数やネットの遮断についてコメントしていない。

 学生が反対している公務員採用の特別枠とは、1971年のパキスタンからの
   独立戦争
に参加した
   退役軍人の家族向けに30%の採用枠
を割り当ててきたもので、学生のデモを受け、2018年に廃止が決まっていたが、最高裁判所の高等裁判部が今年、この決定を違憲と判断したうえ、特別枠が復活したため学生デモが再び激化したというもの。
 最新の国勢調査によると、若年層の失業率は約40%と高い状態が続いており、これも学生の不満の背景にある。
  
ひとこと
 バングラデシュが独立する時にも、軍部による大規模な虐殺があった。
 地理的関係から見ればバングラデシュの不安定化は中国やロシアにはインド洋の覇権を握るために好都合な出来事とも見られ、日本のシーレーンの遮断の可能性も意識させるものだ。


posted by まねきねこ at 08:00| 愛知 | Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハリウッドが一転して前のめり、大物が相次ぎハリス氏の「後ろ盾」に躍り出ている

 米国映画産業の拠点でもあるハリウッドはどんでん返しのストーリーを好む傾向が強いことでも有名だが、自分たちがその一役を担って主役に近ければ更に過激化し始めた。
 
 スティーブン・スピルバーグ氏、デービッド・ゲッフェン氏、ジェフリー・カッツェンバーグ氏らの政治アドバイザーを務める
   アンディ・スパーン氏
は「全員がカマラ・ハリスの後ろ盾だ」とメディアの取材で明らかにした。
 バーブラ・ストライサンド氏はX(旧ツイッター)に「バイデン氏は4年間の任期中に重要な功績を残した人物として歴史に名を残すだろう」と投稿した。
  
 
posted by まねきねこ at 07:19| 愛知 | Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

選挙戦が一変する可能性 ハリス氏への支持率、対トランプ氏でバイデン氏上回る勢いが出ている。

 バイデン米大統領が2024年の大統領選を撤退したことで、その後継者に
   ハリス副大統領
を支持する決断を下した。
 民主党に満ちていた大統領選挙における不安定要素が取り除かれたことで、献金や予測市場、支持者数において、今回の選挙戦に即時の影響をもたらした。

 世論調査がこれに追随するかどうかは今後数日に明らかになる。

 バイデン氏による21日の撤退表明以来、初の主要な調査となった
   モーニング・コンサルタント
の全米世論調査で、ハリス氏の支持率は45%と、共和党候補のトランプ前大統領(47%)に2ポイントリードされているものの、これは統計における誤差の範囲内であり、それまでバイデン氏は離脱前に6ポイントの差をつけられていたことと比べれば差が縮まった。

 6月下旬に行われた討論会でのバイデン氏のパフォーマンス悪さもあり、ハリス氏とトランプ氏の代替対決を示す世論調査では、過去何か月にもわたって、ハリス氏はバイデン氏を数ポイント下回っていた。
 また、ブルームバーグ・ニュース/モーニング・コンサルトによる激戦州での調査もここには含まれ、バイデン氏がトランプ氏に4ポイントの差をつけられる中、ハリス氏はトランプ氏に7ポイントのリードを許すなどしていたが、この構図がてった表明前には既に変わり始めていたたようだ。
 
 7月初旬までに、トランプ氏との直接対決でハリス氏はバイデン氏を上回り、21日時点でリアルクリアポリティクスの平均値では1.6ポイント優位となった。

 一方でトランプ氏は先週の共和党全国大会後に支持率が上昇した。
 ディズニーの系列ファイブサーティーエイトの全米世論調査の平均値では、バイデン氏に対してこれまでで最大のリードを築いた。

 さまざまな人種の血を持つ59歳の(ハリス氏)候補者という選択肢が現れたことで、これまで傍観者に回っていた若者や女性、人種的マイノリティーの有権者が投票に戻ってくる可能性が出てきた。

 エマーソン大学の世論調査員、スペンサー・キンボール氏は「これは選挙戦を変える可能性がある。仮定の状況では捉えられない歴史的な意義があるためだ。今はそれを目の当たりにしている。大きな変化をもたらす可能性がある」と指摘した。

 キンボール氏はバイデン氏がすでに指名確実な候補者だったため、ハリス氏を支持するのをためらっていた民主党員もいたかもしれないと述べ、そのような有権者は、「今やハリス氏を支持するとはっきりと言うことができる」だろうと続けた。
 民主党全国大会を8月に控え、党の候補指名を目指しハリス氏に挑戦すると表明している著名な民主党員も出てきていない。

 ただ、ハリス氏の躍進がこのままでは長続きしないとの見方もある。
 バイデン氏の討論会パフォーマンスやトランプ氏の暗殺未遂事件、共和党大会といった衝撃的な出来事でさえ、世論調査の平均値を合計3ポイントしか動かさなかった。
 そもそも、有権者の支持政党は僅差で割れており、無党派層の増加から投票行が重要性を増している。

 キンボールは「選挙戦が一変したことで、どう転ぶかはこれから分かるだろうが、レースが落ち着くには民主党大会までかかるだろう」と話した。

   
ひとこと
 劇場型政治家のトランプ氏は場当たり的なパフォーマンスが多く、自体が解決できれば高評価だが、ハズレた場合に次策が出てこないため、対応の遅れが著しくなり取り返すことも不可能となりかねないリスクがある。
 なお、世論調査会社等が数値も、投資グループ等の系列により選択対象が微妙に異なり色々な思惑が影響されやすい傾向があるのも周知のことであり、数値の振れはやや大きい。
 
  
posted by まねきねこ at 07:00| 愛知 | Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6月の米国中古住宅販売件数(季節調整済み、年率換算)は2010年以来の低水準付近

 全米不動産業者協会(NAR)が発表した6月の米国中古住宅販売件数(季節調整済み、年率換算)は
   389万戸(前月比ー5.4% 5月は411万戸)
と2010年以来の低水準付近にとどまった。
 
 統計をまとめた全米不動産業者協会(NAR)のチーフエコノミスト
   ローレンス・ユン氏
は6月の米国中古住宅販売件数(季節調整済み、年率換算)の発表文で「住宅価格の中央値は過去最高を更新したとはいえ、これ以上の大幅な加速は考えにくい」と述べた。

    
posted by まねきねこ at 06:48| 愛知 | Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ユーロ圏レポ市場は適切に試されたことない、流動性はなお過剰(ECB)

 欧州中央銀行(ECB)スタッフは23日、欧州のキャッシュマネジメントシステムは「転換」が始まっている兆しがあるものの
   3兆ユーロ(約508兆円)
を超える過剰流動性が代替資金源の必要性をなお限定していると、ブログに投稿した。  
 金融当局が長年にわたった緩和を巻き戻す中で、ユーロシステム内でだぶつく余剰資金は2022年のピークから3分の1減少した。
 これは、後で買い戻す合意の下に証券を売り、流動性を調達するレポ市場の重要性を高めた。

 パミナ・カール氏らECBのブログの執筆者は「レポ市場はいずれ、金融システムの隅々まで流動性を効率的に再分配する能力を証明しなければならなくなる」と指摘した。

 ECBは量的緩和の時代、条件付き長期リファイナンスオペ(TLTRO)と呼ばれる銀行向けの割安な貸し付けや大規模な債券購入によって金融市場を資金であふれさせ、レポ市場は投資家が見つけるのが困難になった担保を調達する場として機能していた。

 ECBによると、2兆ユーロを超えるTLTROの返済に伴い、この資金の保証として差し入れられていた担保の約60%は市場に戻った。
 高水準の国債発行も、担保不足の緩和に寄与してきた。

 同様に過剰流動性が後退している英国では
   新たな資金管理体制
に向けて準備するよう金融当局が市場参加者に呼びかけた。
 変化は既に見られ、イングランド銀行(英中央銀行)の短期レポファシリティーの利用額は毎週、過去最高を更新している。
  
    
posted by まねきねこ at 06:27| 愛知 | Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハリス氏が民主党大統領候補指名の場合に副大統領候補に選ばれる可能性がある候補 イリノイ州のプリツカー知事

 イリノイ州知事の
   J・B・プリツカー氏(59)
は民主党の
   重要な陰の実力者
として浮上している。
 ブルームバーグ・ビリオネア指数によれば、43億ドル(約6770億円)に上る一族の資産を使い、党の候補や政策目標を支援してきた。
 プリツカー氏は自身の影響力なども行使し、来月開催予定の民主党全国大会(DNC)を地元のシカゴに誘致することに成功した。
 州と市にとって大きな好景気をもたらす出来事だ。

 プリツカー氏はカリフォルニア州のニューサム知事と同様、(バイデン氏の選挙戦撤退前までは)公にはバイデン氏を支持してきたが、7月半ばには「現在のわれわれの状況は望ましくない」と語っていたのをマイクが拾っており、バイデン氏が撤退を決断したひとつの出来事でもある。
 また、プリツカー氏はトランプ氏についてしばしば、
   有罪評決が下った重犯罪人
で、「生来のうそつき」だと批判してきた。
 
 
posted by まねきねこ at 06:13| 愛知 | Comment(0) | イベント 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハリス氏が民主党大統領候補指名の場合に副大統領候補に選ばれる可能性がある候補 メリーランド州のムーア知事

 黒人初のメリーランド州知事
   ウェス・ムーア氏(45)
は民主党で最も有望視されている人材の1人とされ、しばしば将来の大統領候補の1人として取り上げられてきた。
 今年3月に起きた
   ボルティモアの大型連絡橋「フランシス・スコット・キー・ブリッジ」
がコンテナ船に衝突されて崩落した事故では、ホワイトハウスと緊密に連携し、一時全米で知名度が大きく上がった。

 アフガニスタンへの従軍と軍隊指揮の後、当時のオバマ政権の
   ライス国務長官
の下で指導者養成プログラム
   ホワイトハウス・フェロー
に選ばれた。
 なお、ドイツ銀行およびシティグループに勤務し、ウォール街での経験があることにも注目だ。
 その後、ニューヨーク市の貧困緩和に取り組む非営利の
   ロビンフッド財団
の運営にも携わり、民主・共和両党の大口献金者と関係を築いた。
 ムーア氏は22日にハリス氏支持を表明している。

  
posted by まねきねこ at 06:11| 愛知 | Comment(0) | よもやまばなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハリス氏が民主党大統領候補指名の場合に副大統領候補に選ばれる可能性がある候補 

 バイデン氏の最も忠実な代理人の1人とされる
   ギャビン・ニューサム氏(56)
にとって散々な結果となった6月27日の大統領選討論会以降も引き続き支持を公言してきた。
 また、7月3日にホワイトハウスで開かれた大統領と
   民主党知事との会合
にも参加した。
 
 以前にカリフォルニア州知事を務めていた
   アーノルド・シュワルツェネッガー氏
によるとニューサム氏について、24年大統領選でバイデン氏に対抗することはないものの、将来的に大統領選に出馬するのは「簡単に分かる」ことだと述べていた。

 ニューサム氏は知事として知名度が高い。
 しかし、共和党トランプ陣営が力点をおいている激戦州の有権者の約3分の1は同氏のことを知らないか、何の意見もないことがブルームバーグ・ニュースとモーニング・コンサルトの7月初めの世論調査で示されていた。
 ニューサム氏が民主党の大統領選を引き継ぐとすれば、11月の投票日までわずか数カ月のうちにカリフォルニア州以外の有権者に覚えてもらう必要があることを示唆しており、厳しい環境に置かれている。

 ニューサム氏は21日にハリス氏支持を表明しており、ハリス氏と同じカリフォルニア州が地盤であることから、ハリス氏が大統領候補となる場合に副大統領候補に選ばれる可能性は小さい。

   
posted by まねきねこ at 06:09| 愛知 | Comment(0) | よもやまばなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする